塩見5号も打線機能せず、交流戦初戦は日ハムに敗戦

5月25日  対 日本ハムファイターズ

R H E
日本ハム 0 0 2 0 0 0 2 0 0 4 7 1
ヤクルト 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2 4 0
バッテリー
ヤクルト 金久保優斗、梅野雄吾、坂本光士郎、石山泰稚、吉田大喜 – 古賀優大、中村悠平
日本ハム 上沢直之、HB.ロドリゲス、堀瑞輝、H玉井大翔、S杉浦稔大 – 清水優心

交流戦初戦でしたが、打線が機能せず良いところがありませんでした。

5月25日金久保先発金久保優斗投手

先日の胸部打撲アクシデントの影響が懸念されましたが、従来通りと言える内容でした。

アクシデント明けと言う事、ビハインド、打順もあってか5回で少し早めの降板でした。

アクシデントの影響が見られなかったことは良かったと思います。

ちょっと気になったのが際どい所をボールと判定されたときです。

明らかに不満の表情が見えてしまいます(口元も読み取れるくらいはっきり) 。

見直すべきと思いました。

3回は西川遥輝選手に2個めの死球をだし、それからは内角を避けるみえみえの状況での連続タイムリー。

単調に行った感じでしたが、タイム等で間を取ることも必要だったように思います。

5月25日梅野雄吾2番手の梅野雄吾投手

テスト的な回跨ぎでしたがうまくいきませんでした。

それ程難しい状況ではなかったのですが(故にあえて回跨ぎ)

一死後簡単にストレートの四球。

途端に慌てた感じでストライクを取りに行く何時ものパターンでした。

メンタルの弱さをまた露呈した感じです。

この傾向は数年変わらず、技術以前の課題ですが今年も克服は難しそうです。

打線4安打肝心な一本が出ない貧打。

やはり少し良い投手に対しては猫さんになってしまいます。

ここ数試合続いている3,4番の状態の悪さが気になります。

この試合もしっかりとらえた良い当たりがありません。

得点を振り返ると、2点先制されての塩見泰隆選手の5号ホームラン。

塩見5号ソロ

塩見5号ソロ 出典ヤクルト公式サイト

これが出た時は1点差に詰め寄ったと思ったのですが。。。

8回裏、代打・中村選手が二塁打、村上選手、オスナ選手が連続四球を選び、満塁となりました。

相手の暴投の間に1点を返し、2アウトながらつないだのですが。。。

サンタナ選手がサードゴロで終わってしまいました。

ここが唯一のつなぎからの得点機で、しかも四球や暴投がらみでしたから、流れが完全にヤクルトだったにかかわらず、最後の詰めができなかった。。。残念

石山泰稚調整登板の意味合いの8回石山泰稚投手

徐々に戻りつつ有るかと思います。

結果として0で抑えることができるのかが最重要の課題でした。

打者3人を13球で打ち取り、しかも連続3三振を奪うという、石山投手らしい投球内容で、見事でした。

吉田大喜また、石山選手の後、9回には吉田大喜投手が登板しました。

2ベースを打たれたり、四球を出したりはしたものの、最後西川選手を空振りにして終わりました。

昨年は先発でしたが、今年は中継ぎです。

力の配分など変わることも多いのですが、少し慣れてきた印象です。

最後吠えていましたが、自分なりの手ごたえをつかんだように思いました。

今後も頑張って欲しい投手です。

内川復帰この試合から、内川聖一選手が昇格し、代打起用がなされました。

残念ながら空振り三振でしたが、ともあれベンチにいてくれるのは心強く思います。

まずは一軍復帰おめでとう。

田口投手今夜は田口麗斗投手です。

このところの安定を考えれば、早めの打線の援護をしてあげて欲しい。

彼こそ勝利数を重ねるにふさわしい投球をしているので、勝たせてあげたいと思います。

対する日本ハムは加藤貴之投手です。

互いに左投手同士の戦いです。。。負けられません。

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年5月25日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 43 28 13 2 .683 0.0
2 巨人 47 24 16 7 .600 3.5
3 ヤクルト 44 20 17 7 .541 2.5
4 広島 41 16 20 5 .444 3.5
5 中日 46 17 22 7 .436 0.5
6 DeNA 48 13 29 6 .310 5.5
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする