田口古巣相手に7回無失点好投、村上豪快4号も報われず引き分け 満身創痍のメンバー事情では「負けず」が大事!

4月3日 対 読売ジャイアンツ

R H E
ヤクルト 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5
巨人 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 9 1
バッテリー
ヤクルト 田口麗斗、H清水昇、石山泰稚 – 中村悠平
巨人 戸郷翔征、デラロサ – 大城卓三、小林誠司

中々スリリングな試合となりました。

久しぶりに終盤は手に汗握る試合でした。

あまり手に汗することは無いのですが。。。

田口麗斗投手、古巣相手に前回登板の汚名返上の好投でした。

田口7回まで力投

4月3日 田口7回まで無失点の好投 出典ヤクルト公式サイト

緩急と内外を上手く使って相手に絞られない投球で、7 回88球無失点の好投でした。

初回の得点だけでしたからかなりプッレシャーも掛かった展開でしたが、それを跳ね返す気持ちが強かった感じです。

田口表情結局勝は付きませんでしたが、内容は勝に値するものです。

前日の小川投手に続いての好投で先発陣の安定に光を与えました

前回は呼吸が合っていない感じに見えた中村捕手とも、前回の反省と修正を行ったのではと思いました。

今回は息が合っていた印象ですから。

先発が7回まで投げることが出来れば、長いシーズンなのでブルペンの疲労が違ってきます。

昨年途中からの失速は、序盤からのブルペン負担の大きさが原因でしたから。

試合は、当然の継投の清水、石山投手でしたが上手く逃げ切れなかった感じです。

まあこれは結果と言った具合で。。。こうなる事もあるわけです。

勝に持っていけなかった原因追加点が取れなかった事に尽きます。

前日も村上選手のホームランのみでしたが、この試合も同じ。

前日より山田選手が欠けて更に戦力ダウンでは致し方のないところもありますが、戸郷投手相手に真面に勝負するだけでなく工夫が足りない感じがしました。

山崎晃大朗山崎晃大朗選手は、8回にセーフテイバントを試みて決めました。

この様な塁に出る試みが重要です。

作戦なのか自身でやろうと思ったのかは不明ですが、良い試みだと思いました。

正直 戸郷投手相手に真面な勝負で打てるのは今のメンバーでは村上選手のみと思います。

更に、4回の太田選手のバント失敗

村上選手四球、塩見選手死球で、ノーアウト1-2塁。

小飛球を上げてはランナーもスタートが切り難く、進塁させて1アウト2-3塁の好機を作ることができませんでした。

結果は分からない訳ですが進塁さえできていれば、後続選手が犠牲フライを上げて得点できます。

犠牲フライは、好投手相手の得点パターンとしては最適ですから。

8回の塩見選手のバント失敗と共に細かなところがしっかりできないところがやはり問題です。

この様な失敗はゲームの流れを悪くします。

このあたりがレギュラーが遠い事になると感じます。

しかしながら、正直このメンバーで 戸郷投手相手に引き分けたのは、田口投手の頑張りによるものと思います。

田口投手、よくぞヤクルトに来てくれた!

村上宗隆選手。

村上4号

初回の4号ホームランは凄い当たりでした。

何しろ、4階のバルコニー付近にまで飛びましたから。

打った瞬間、皆口を開けて見上げるばかり。。本人もゆっくりと確信歩き

村上4号

打たれた瞬間上を見上げる戸郷投手と大城捕手

前日の一発と今回のライトへの豪快な当たり本来の姿に戻ってきた感じです。

2ホームランとも共に好投している投手からで、エンジンがかかりそうです。

「打ったのはストレートです。昨日の良い感覚のまま打席に入る事ができました。先制のチャンスだったのでなんとかランナーを還したかった。甘い球でしたがミスショットすることなくしっかりと自分のスイングが出来ました」とのコメントです。

村上4号4打席目のヒットも好調時到来を思わせる独特の球足の速さと方向でした。

一人にマークが集中しますが、頼れるのは今の陣容では村上選手のみですから、致し方無いところ。

頑張ってくれとしか言えません。

バンデンハーク投手、サイスニード投手、オスナ選手、サンタナ選手の4選手が、やっと3日に来日したとの知らせです。

村上4号 サニスニード サンタナ オスナ

2週間ほどでチームに合流後、調整期間を経て試合に臨むことになります。

バンデンハーク投手は日本の野球の実績十分ですから、調整後すぐにでもローテーションに入ってもらいたいところです。

さて、今日も14:00からデーゲームです。

ヤクルトは金久保優斗投手、巨人は今村信貴投手です。

今村投手はランナーを出しても得点を与えない粘投型の投手。

ヤクルトは粘り強く崩していって欲しいと思います。

満身創痍のメンバー事情では「負けず」が大事!

何とか工夫して負けない試合をして欲しい!

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年4月3

東京読売ジャイアンツ    2-2  東京ヤクルトスワローズ 東京ドーム
横浜DeNAベイスターズ  3-7   広島東洋カープ 横浜スタジアム
阪神タイガース      1-0   中日ドラゴンズ 京セラドーム大阪

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年4月3日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 広島 8 5 2 1 .714 0.0
2 阪神 8 5 3 0 .625 0.5
3 巨人 8 3 2 3 .600 0.5
4 中日 8 3 3 2 .500 0.5
4 ヤクルト 8 3 3 2 .500 0.0
6 DeNA 8 0 6 2 .000 3.0