9/29 頼みの小川投手も崩れ、連敗 横浜梶谷・佐野にやられた感

9月29日

ヤクルトスワローズ  4-8  横浜DaNAベイスターズ

R H E
ヤクルト 2 0 0 2 0 0 0 0 0 4 7 1
横浜 3 0 2 1 1 0 0 1 X 8 10 1

小川泰弘投手連敗ストッパーの小川泰弘投手でしたが、何時もの精彩を欠き試合を作れませんでした。

前回登板での、最終回の「めった打ち」の影響か?

制球を欠き、言わば崩れるパターンでした。

特に初回。

上手く先制したところでの,制球が定まらず(シュート回転で・・)、四球で走者を出してしまいます。

好調の佐野選手に、初球フォークで空振り後、球威の無い外し気味の高めをホームラン。

上手く打たれたとも言えますが、慎重さに欠けた感じでした。

全体にここぞでの制球が甘く入りその後も失点。

3回しか持たず劣勢の展開になりました。

DeNA打線。

梶谷隆幸選手梶谷隆幸選手の好調が光りました。

1点差に迫られた4回、内角を上手くレフトにホームラン。

詰められた直後のこの一発は流れを引き戻すホームランでした。

それにしても梶谷選手。

初回も先頭で上手く小川投手を打って崩すきっかけを作り、4安打ですから全く手が付けられない状態。

この一番は強力・脅威です。

村上宗隆選手5回、村上宗隆選手タイムリーエラーで追加点となってしまいました。

これでほぼ流れを確定させた痛いミスでした。

ヤクルトは、阪神ほどではありませんが結構エラーが多い事も課題です。

村上選手に関しては、一塁との併用でサード経験が未だ少ないと思われます。

打球の状況に対しての処理の仕方未熟さが出ています。

基本重視でも、ケースバイケースがありますから。。。

最近、守備体系の指示が展開・状況にあっていないと思えることが結構あります。

経験の乏しい村上選手へのコーチングなど、守備の指導能力は大丈夫かと疑問を感じます。

長谷川宙輝投手そんな中、7回、8回と長谷川宙輝投手がマウンドに上がりました。

前回大量失点で落ち込んでいたように思われ、立ち直っているかが心配でしたが。。。

1点は失点したものの、前回のようなことはなく、2安打2奪三振と踏ん張りました。

全てが勉強なので、吸収して大きく成長して欲しいと思います。

さて次は石川雅規投手。

何とか勝ってほしいのですが、横浜が上茶谷大河投手です。

9月23日に阪神打線を抑え、初完封を成し遂げました。

打撃陣・コーチ陣はどのように崩すのか「きっちり対応」して、石川投手を援護して欲しい。。頼みます

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年9月29

東京ヤクルトスワローズ   8-4       横浜DaNAベイスターズ 横浜スタジアム
阪神タイガース      7-3     中日ドラゴンズ 甲子園球場
広島東洋カープ        1-6     読売ジャイアンツ マツダスタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年9月29日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 84 54 26 4 .675 0.0
2 阪神 85 42 39 4 .519 12.5
3 DeNA 88 42 41 5 .506 1.0
4 中日 87 39 43 5 .476 2.5
5 広島 85 32 45 8 .416 4.5
6 ヤクルト 85 32 47 6 .405 1.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする