チーム一丸となっての勝利 渡邉の好守好走、投手陣の踏ん張り、犠打やタイムリーが神宮初勝利をもたらす

4月7日 対 広島東洋カープ

R H E
広島 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2 5 1
ヤクルト 0 0 0 1 0 1 1 0 X 3 8 0
バッテリー
広島 床田寛樹、ケムナ誠、森浦大輔、中田廉、大道温貴 – 會澤翼
ヤクルト 高梨裕稔、近藤弘樹、マクガフ、H清水昇、S石山泰稚 – 中村悠平

チームが一丸となって、良いプレーが続き、全員で勝ち取った勝利でした!

対広島渡邉大樹選手特に序盤、ライトの渡邉大樹選手のファインプレーを皮切りに好守の連続で先制を防いだ点は大きいと思います。

ベストな打線が組めていない現状です。

大量点は難しく小刻みに行くしかないところでは、先制され追いかける展開は苦しいものがありますから。

先発の高梨裕稔投手

高梨投手4月7日

良い内容でした。

ただ、気を抜いた訳ではないでしょうが、共に先頭打者にストライクを取りに行って甘く入り2本ホームランを喫しました。

少し丁寧さを欠いたように思います。

いい感じで投げたのですが、勝にはつながりませんでした。

6回2アウトから四球を出して交代。

今一つ信頼感が得られていない所を露呈しました。

投球数が増えると急速に力がなくなること、今の打線では1点差以上は離されたくない判断と思います。

荒木貴裕打線では、6回裏、同点のスクイズをきっちり決めた荒木貴裕選手

初球を軽くセーフテイースクイズ一発で上手く決めました。

先頭の中村選手が安打で出塁すると、村上選手がライトへの安打を放ち、1死1,3塁。

何としても点が欲しい場面でのセーフティスクイズでした。

無警戒の感じもあり早々に決め手の同点は大きかったと思います。

長引くと難しくなるところであっという間でした。

荒木選手の技勝ちといったところです。

7回裏。

前の回同点に追い付き、マクガフ投手が3者凡退で作った流れの中です。

ファインプレーで勢いづいた渡邉選手、ヒットの流れを断ち切りませんでした。

レフトに安打して1塁。

逆転のお膳立ての嶋基宏選手

4月7日嶋犠打成功

バントありありの状況で一発で上手く決め切りました。

作戦通りきちんと行い、良いリズムを生み出した感じです。

ヤクルトは、結構こう言う場面でバントが成功せず流れを悪くします。

この成功が勝ちを呼ぶことになりました

ここで登場の山崎晃大朗選手が決勝打を放ちます!

山崎決勝安打

山崎選手決勝安打 出典ヤクルト公式サイト

インタビューに答える山崎選手「打ったのはスライダーです。前の打席でチャンスで三振してしまったので絶対にやり返してやろうという気持ちで打席に入りました。渡邉が良く走ってくれました」とコメント

山崎選手、上手く塁間に打ってのタイムリーでした。

決勝打に喜ぶ村上選手打った途端、ベンチの後方から前面に踊り出し、パネルを叩いて喜んだ村上選手。

勝ちにこだわり、責任を感じ続けた若干21歳の主砲の、21歳らしい表情に思わず笑ってしまいました。

気持ちが解放された、清々しい喜びようでした。

この試合、打線、1,2番が好調で村上選手の前に出てチャンスを作っています。

中村悠平3安打猛打賞と意外に2番が合っているかの中村悠平選手

コンパクトに打っている事が良いと思います。

兎に角チャンスメイクを心がけている感じです。

比較的バントも成功しますし、瓢箪から駒の打順でこのままイケそうな気配です。

少しバタついた清水、石山投手でしたが踏ん張って守り切りました。

牽制アウトで切り抜けた清水投手清水昇投手

四球で出しながらの牽制アウトは相手の思惑を挫く良いプレーでした。

最初の打者でしたから雲行きが怪しくなるところ、流れを広島に渡しませんでした。

これでホールド、ホールドポイント共に5となり、現在リーグトップです。

石山投手神宮で初セーブ石山泰稚投手

四球を出したり、安打を打たれたりでしたが、締めるところをきっちり締め守り切りました。

やはりクローザーです。

今季神宮で初セーブを上げました。

広島、2本ホームランで粘りは見せましたが、全体にツイていない感じで中々流れを作れませんでした。

ヤクルトの好守が続いたことが大きいと思います。

紙一重の感じです。

当面この試合の様な全員野球を行うことが必要と感じた試合でした。

奥川恭伸今日は奥川恭伸投手の登板です。

だんだん一軍に慣れ、良い投球を見せています。

お祈りつば九郎

是非、勝ちが見たい!

お立ち台で、燕パワーユニットを着たつば九郎も待っているはずです

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年4月7

東京ヤクルトスワローズ    3-2  広島東洋カープ 神宮球場
中日ドラゴンズ           3-1   横浜DeNAベイスターズ バンテリンドーム
阪神タイガース             7-1 東京読売ジャイアンツ 甲子園

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年4月7日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 11 8 3 0 .727 0.0
2 広島 11 6 4 1 .600 1.5
3 巨人 11 4 4 3 .500 1.0
4 中日 11 4 5 2 .444 0.5
4 ヤクルト 11 4 5 2 .444 0.0
6 DeNA 11 2 7 2 .222 2.0