並木が駆け抜け、元山タイムリー、新婚高橋も順調で、若手陣上々の滑り出し

17日 DeNAとの練習試合、2試合雨で流し、ようやくの感じです。

試合内容としては、ヤクルト新たな戦力が結果を出し上々の滑り出しと思います。

足の並木秀尊選手

並木選手の走塁

内野安打・失策での出塁・盗塁といかんなく持ち味を発揮してくれました。。

ヒットでなくとも兎に角出塁と、相手にとっては嫌な攻められ方です。

ヤクルトとして中々埋まらないトップに理想的とも思える形の候補となってきました。

足は天性のものですがここまで早いと大きな武器です。

右でこれですから、スイッチにしたくもなります。

周東選手や増田選手のいるチームを、少しうらやましく思っていましたが、ヤクルトにもついに欲しかったタイプが降臨しました。

この先、練習試合、オープン戦と更に力を試す事になりますが、何処まで持ち味が出し続けられるのか、期待が膨らみます。

実戦で選球眼、粘る技術が磨ければ伸びしろは大きく、開幕一軍の切符を手にしたと確信します。

2番で出場の元山飛優選手

元山選手ヒット

元山タイムリー 出典サンスポ

並木選手の出塁を生かしたタイムリーでした。

これも課題の遊撃手の争いを激化させる存在感を出せました。

少し我慢して使うと伸びそうな感じです。

こうなると若手・中堅の内野陣一軍残留が激化とある意味良い傾向です。

先発高橋奎二投手

高橋奎二投手

2回2安打無失点とこの時期としては、順調とも言える内容でした。

オフに元AKB48の板野友美さんとの結婚を発表したばかり。

公私ともに今年に賭ける(賭けなければならない)意気込みは感じます。

なんとも期待膨らむ初戦でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする