9/22 石川粘投するも、中日大野投手に完投完封され脱帽。完敗を喫す

9月22日

ヤクルトスワローズ   0-3   中日ドラゴンズ

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
中日 0 0 0 1 1 0 1 0 X 3 8 0

中日 大野雄大投手の完璧な投球2安打、11三振でした。

全く「手も足も出ず」で完投され、完封までされて完敗でした。

大野雄大投手立ち上がりは少し不安定でしたが、ストレートが走り出してからは変化球が生き危なげない内容でした。

さすがにこのクラスの投手が出来が良いと、どうにもなりません、

とは言えただ打って行くだけでは余りにがなさすぎます。

小技など何か工夫が欲しいところです。

残念ながら今のヤクルトには、一流投手が好調では崩す力はありません

あるレベルを超える投手には全く沈黙してしまいます。

この状況を崩すきっかけが出来るとするとやはり中心打者

立ち上がりこそ山田哲人選手のヒット村上宗隆選手の四球で形を作ったのですが、それ以降は西田明央選手のヒット1本に抑えられています。

この試合の大野投手から打てるようになると、村上選手が増々本物に(大打者)に近づくのですが。。。

まあ行き成りは、今後に期待します。

石川雅規投手

持ち味は出して悪い出来ではありませんでした。

というか、危なかったのは5回だけで、それも1点にしのぎ切りましたし。

6回まで4安打2失点ですから、先発の役割はきっちり果たしています。

今年は運がないというか。

攻撃が簡単に終わっては、ずっと投げている感じに、ただ黙々と。

石川力投も勝てず200922

石川粘投も勝てず 出典ヤクルト公式サイト

次は歳内宏明投手が2度目の登板です。

対する中日の先発は、ルーキーの岡野祐一郎投手。

なんと岡野投手は聖光学院で、歳内選手の1年後輩だったということです。

ここは、なんとしても歳内投手に花を持たせたいところ。

今夜こそ、打線が奮起して勝をもぎ取るべし!

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年9月22

中日ドラゴンズ       3-0       東京ヤクルトスワローズ ナゴヤドーム
読売ジャイアンツ    5-4     広島東洋カープ 東京ドーム
阪神タイガース         6-3        横浜DaNAベイスターズ 甲子園球場

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年9月22日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 79 50 25 4 .667 0.0
2 阪神 80 40 36 4 .526 10.5
3 DeNA 82 38 39 5 .494 2.5
4 中日 82 37 40 5 .481 1.0
5 広島 79 30 41 8 .423 4.0
6 ヤクルト 80 30 44 6 .405 1.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする