3月14日 オープン戦 対西武 小川投手好投で仕上がり順調

2020年3月14日 オープン戦 対西武 メットライフ

ヤクルト 0-1 西武

ドーム球場だから行えた、季節外れの雪が降る冷え込む中ので試合でした。

内容は、天気そのもの 実り少ない内容でした。

それでも、あの西武打線を1点で抑えたのは、負けても頑張ったというべきなのでしょうが。

収穫は、先発小川泰弘投手

去年の反省からかフォームを従来に戻した感じで、一応この時期としては順調を思わせます。

このまま本番でも行けるかという内容でした。

個人的には今までのダイナミックなフォームは限界に来ていると思いますので、このまま何年も今のスタイルは難しいと思います。

いずれ(そう遠くなく)行き詰まる事に。

昨年思い切って変化しようとして中途半端に終わり元に戻しては、昨年が無駄になるような気もしますが。。。

チーム事情で結果が欲しく、数年かけて変える余裕がないのかもしれません。

小川投手には、大黒柱になっていて貰わなければならないですから。

一番起用の宮本丈選手

2安打をしましたので、その点は良かったのですが、 9回無死一塁で牽制アウト

バントみえみえの状況で相手も警戒して牽制もきつくなる状況です。

走る気満々は良いのですが、ここで引っかかっては。。あぁぁ

冷静さを欠いて、まだまだ甘いと言う事だなぁ。。。

西武では、3番手の松本航投手

3イニングを危なげなく投げました。

球に力があり制球もOK。

配球内容がよく良いテンポで試合を作る内容でした。

ヤクルトに欲しい人材です(18年のドラ1では無理か。。しっかりした選手とっているなあ)

そうは言っても、17年のヤクルトのドラ1は村上選手なので、この点は良かったと思っています。

後は、19年ドラ1の奥川投手が今後どうなっていくのかが明暗を分けそうです。

明日からのオープン戦以降の日程がまだ未定なのですが、スケジュール調整が急がれます。

今日はライオンズとのオープン戦最終日

またもや、【ひかりTV】を介してフジテレビTWOで観戦します。

スカパー!DAZNでも放映します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする