見所少なく負け。。。つい愚痴る。。DeNAの神里選手はよく打ちますわ

7/30 ヤクルト DeNA 初戦

6:2 で、ヤクルトの負け

現在の調子がそのまま出た試合で淡々と進み、ヤクルトファンとしては残念ながら見所の少ない内容でした。

DeNAは流石に全体に振れていて、特に神里和毅選手は足もあり理想的なトップです。

この試合も、5打数4安打と出塁し、得点に絡んでいます。

トップ人材が今一のヤクルトとしては羨ましい。

先発はブキャナン投手。

相変わらず甘い球が多く、まあよく5回まで持ったものです。

9安打2四球で4点で収まったのが不思議。。。良く済んだものです。
筒香選手がブレーキで助かった・・・打たなくとも勝てる時は打たないのかなあ?

村上宗隆選手。

8回のチョンボはいささか呆れます。

プロとしては相当見っともないよ

守備でのフットワークが全く出来てません。

足の衰えたベテランでもあるまいしね、まだ若いし。

バッティングで取り返したいところですが、このところ振りも少し鈍くなってきて前半の様なわけにはいかなくなってきました。

少し休養調整が必要かも知れません。

出ながら調子を取り戻すには経験不足です。

きっちり調整をしてあげるほうが、今後のためにも良いのではと思います。

少し首脳陣も真剣に考えては?

寺島成輝投手ですが、 決め球に欠けます。

現状では今だ一軍のマウンドは無理ではないかと。

今程度の球速では、よほど「良い変化球+コントロール」が必要ではないでしょうか。

お試しの結果ははっきりしたような。

難しいものですね。

星知弥投手。

久しぶりに見ましたがちょっと判断付かずです。

三振一つを含め3者凡退で、仕事をこなしました。

今回は1イニングだけだったので、次の機会に、もう少し投げた姿を見てみたいと思います。

今は一人でも多く戦力として使える投手が欲しいのですから、誰にでもチャンスがあり、頑張り次第だと思います。

それにしても、点差以上に 一方的とも思える試合でした。

山田哲人選手が3番となり、4打数2安打1(うち1つは23号2ラン)と活躍しましたが、後続なく淡々と終わってしまいました。

今夜は2戦目

予告先発は石川雅規投手です。

暑くなってきているので、バテずに頑張ってほしいところ。

彼のように打たせて捕るタイプは、守備の出来が大きく左右するので、気を引き締めて守ってあげてほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする