今年のペナントの行方を考えてみた。。。ヤクルトよ、キャスティング・ボートを握れ!

昨夜は試合が無いので、普通にテレビを見ながら過ごしました。

暇、持てあます・・・どうもスポーツ観戦が性に合っているようです。

2019年も、もうすぐ8月。

残り試合も50を切り、セリーグのペナントレースの行方をチラホラ考えてみました。

今年はどうなるのか?

残すところ2か月ですが。。。

今年はどこも連勝かと思えば連敗でアップダウンが激しい状況です。

首位になるとなぜか今までの好調さを維持出来ず、連敗で中々決まりとは行かない。

10ゲーム差まで行って安泰かと思ったジャイアンツさえ、「どうした!?」の状態で。

なんとも奇妙なシーズンです。。。ま、ヤクルトだけ蚊帳の外ですが・・・

こうなるとどこにも勝機ありですが、常識的には投手力となります。

しかし絶対的な安定した投手力を持ったチームもなく、これまた調子の波が大きく予想し難いですけれども。。。

あえて上げると ・広島本命  ・対抗巨人  ・ダークホース阪神

こうなると、広島の経験は大きいと思います・・・連覇しているので

巨人はなんといっても物量ですから、やり繰りで何とか・・・優勝経験者の原監督なので本領発揮か

阪神は最も投手の数字が良いだけに、化けるかも

8月の勝負処でどのチームが残るか?

意外とヤクルト戦を取りこぼすと痛いこととなるかも・・・いささか自虐的ですかね。

こうなったら、キャスティング・ボートを握って暴れてほしいものです。

蜂の一刺し上位チームに果敢に挑む8月となってくれ!

さて、今夜からは横浜DeNAとの3連戦。

予告先発はブキャナン投手です。

前回のようにならぬよう、気を引き締めて投げてほしいものです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする