NBA 元スーパースター コービー・ブライアント事故死  

野球ではなく、NBA(アメリカのプロバスケット)の話です。

最近、日本から八村塁・渡邉雄太さんが入り何かと注目が高まったNBA。

NBAの元スーパースター コービー・ブライアント氏が、飛行機事故死(ヘリコプター)というニュースが流れました。

ロサンジェルス・レイカーズシューティングガードで、2000年代にNBAチャンピオンに5回なった時の大黒柱です。

突然の訃報に皆驚きと悲しみを隠せないようです。

コービー氏は、レーカーズが80年代のマジック・ジョンソン(写真右)を中心とした黄金時代後、再び黄金期を牽引した名選手です。

身長は2m弱ですからプロとしては大きくはありませんが、確実性の高いシュート力で数々の記録を持っています。

☆レギュラーシーズン通算33,643得点を挙げNBA歴代第4位

☆プレーオフ通算5,640得点を挙げNBA歴代第4位

☆オールスターで通算290得点を挙げNBA歴代第2位

・・・マイケル・ジョーダン(写真右)に近いスタイル

当時としては珍しい、高校からのドラフト(全体13位)ですから 現役20年、レーカーズ一筋のスーパースターです。

現役時代を見てきた自分としては寂しい限りです。

何度か、仕事でロサンゼルスは行きましたが、車が多く渋滞は物凄いものでした。

コービー・ブライアント氏は、日頃此れを避けるため移動にヘリコプターを使っていたようですが、不幸な事故となってしまいました。

ご冥福をお祈りいたします。