来季の戦力についてと黄金期を作るために飛躍して欲しい選手の私感

オフシーズンも進んで来季の戦力の概要は固まってきたようです。

ヤクルト、昨年に比べると大きな動きはない感じです。

スアレス投手が去り、新たにコール投手が加わることになりました。

が、変化としては余り大きいとは感じられないところです。

まあ新規の選手、外国人助っ人は実際は本番にならないと真価は分かりません

ある程度実力が判っていたスアレス投手分はマイナスとも言えます。

しかし、昨年の投手陣全体のレベルアップを考えれば、余り懸念材料とも思えません。

あれだけ投手が弱いと叩かれ、下馬評ダントツ最下位だったヤクルトスワローズ。

蓋を開け、シーズン後半には驚くほど層が厚くなりました。

完投ができる投手は小川泰弘投手だけではなく、奥川恭伸投手、高橋奎二投手と更に2枚も増えました。

小川泰弘 奥川恭伸 高橋奎二投手

そんなわけで、ほぼマイナス要素はないため、スアレス投手の分はきっちりカバーできると思います。

ドラフトの新人が加入し、昨日発表がありましたが、まあこれも未知数です。

正直、今季のように「いきなり大活躍の新人オンパレード」は余り計算出来ないところです。

通常ならば、2-3年後の戦力と言ったところで、まあブレイクしてくれれば計算外効果と考えた方が良いと思います。

たとえブレイクしても阪神の佐藤輝明選手のように、ペースダウンを余儀なくされることもあります。

長い目で見れば、プロの野球基礎から学び、1年間走り続ける体力をつけるファームでの期間があってこそ、安定的に活躍できるというものです。

今季の優勝の要因は多くありますが、一番は若手のレベルアップと思います。

塩見選手、奥川・高橋・原投手と言ったところが大きく飛躍したことがチームのレベルアップに繋がりました。

来期、陣容としては今季と大きく変わりません。

連覇を目指し黄金期を作るためには、やはり若手のレベルアップが不可欠であり最も必要とされます。

個人的には、期待は外野の山崎晃大朗選手濱田太貴選手

山崎晃大朗 濱田太貴選手

この頃は内外野をこなす宮本丈選手あたりの飛躍が望まれます。

宮本丈選手

投手では、長谷川宙輝投手梅野雄吾投手近藤弘樹投手あたりの飛躍が欲しいところです。

長谷川宙輝 梅野雄吾 近藤弘樹

今季で「がシッカリし始めたヤクルト」を感じます。

来期は更なる若手の底上げを大いに期待します。

2021新入団選手発表会

新入団選手の発表会があり、YouTubeで生配信されました。

皆初々しく、かなり緊張していました。

新入団選手

公式サイトに、コメントが発表されましたので、記録しておきたいと思います。

2~3年後にどのようになっているのか楽しみです。

ドラフト1位 山下輝投手(背番号15、法政大学)

山下輝投手

「日本一のチームのユニホームを着て、来年からプレーできるので、とてもワクワクしています。力強く、重たいストレートが自分の持ち味だと思っています。小さい頃からプロ野球選手を目指していたので、今度は小さい子どもたちから目標とされる選手になりたいと思います」

ドラフト2位 丸山和郁選手(背番号4、明治大学)

丸山和郁選手

「ユニホームに袖を通すことができて、プロ野球選手なんだという実感が湧いてきました。背番号4番なので、バレンティン選手のイメージがあると思うんですけど、来年からは自分がつけるということで、肩と足、守備が持ち味なので、丸山の背番号と思ってもらえるようにやっていきたいです。開幕一軍を目指してやっていきたいと思います」

ドラフト3位 柴田大地投手(背番号41、日本通運)

柴田大地投手

「やっと、スタートラインに立てたんだという思いです。ここからもっと結果を残していけないといけないので、頑張りたいです。僕の特徴は真っすぐとスプリットのコンビネーションで、どんどん真っすぐで押していきたいと思っています。来年から、一戦力として、東京ヤクルトスワローズに貢献できるような選手になりたいです。後々、セーブ王になれるようにやっていきたいです」

ドラフト4位 小森航大郎選手(背番号59、宇部工業高校)

小森航大郎選手

「やっとスタートラインに立って、戦う準備ができたので、一日一日死に物狂いで頑張らないといけないと思っています。自分はプレーはめちゃくちゃ下手くそで、どこが自信があると自分では言えないのですが、人を巻き込む力があると思っています。練習から試合はもちろんなんですが、泥臭く、小森が来て、チームが良くなったと言ってもらえるような過ごし方をしたいと思います。将来の目標は世界一のショートになることです。今は下手くそなことはわかっているので、一日一日を無駄にせず、死に物狂いでやって、必ず目標を達成しようと思っています」

ドラフト5位 竹山日向投手(背番号62、享栄高校)

竹山日向投手

「伝統あるチームのユニホームが着られて、ワクワクしていますし、実感が湧いてきました。力感なく、安定した球速を出せることと、どんなバッターにも強気で対戦していけるので、そこをアピールポイントとしてやっていきたいです」

育成第1位 岩田幸宏選手(背番号024、信濃グランセローズ)

岩田幸宏選手

「一日でも長く、このユニホームを着続けられるように頑張りたいと思います。走力と守備の確実性をアピールしていきたいと思います。育成選手なので、まず支配下登録を目指して、そこから首位打者だったり、盗塁王を獲れるような選手になることが目標です」

12月10日 契約更改

12月10日に行われた契約更改では、以下の選手と契約した旨が発表されました。

年俸は推定であり、公式発表はありません。

杉山 晃基 投手   昨年750万。今年50万減の700万円で更改
市川 悠太 投手   昨年550万。今年20万増しの570万円で更改
長谷川 宙輝 投手  昨年1,050万。今年200万減の850万円で更改
久保 拓眞 投手   昨年700万。今年50万減の650万円で更改
宮台 康平 投手   昨年600万。今年20万増しの620万円で更改
松本 直樹 選手   昨年950万。今年50万減の900万円で更改
長岡 秀樹 選手   昨年550万。今年50万増しの600万円で更改
武岡 龍世 選手   昨年550万。今年50万増しの600万円で更改
吉田 大成 選手   昨年720万。今年130万増しの850万円で更改
中山 翔太 選手   昨年1,400万。今年200万減の1,200万円で更改
濱田 太貴 選手   昨年750万。今年50万減の700万円で更改
小澤 怜史 投手(育成再契約)  昨年400万。今年現状維持で更改
内山 太嗣 選手(育成再契約)  昨年300万。今年現状維持で更改

中山選手は来季4年目ですが、大学卒なのでそろそろ結果を出したいところ。

うかうかしていると8番が没収されそうです。

見た目パワーはありますが、一軍参加時のホークアイの記録では、打球速度平均は約108Kmでチーム平均よりも30Km近く遅いですし、ハードヒットが0%で、フライとライナーが多く、かといって二軍でのホームランは4本ですからパワーが空回りをしている印象です。

このオフのトレーニングで開眼してくれると良いのですが。。。