オリンピックイヤー 東京ドームで踊る7回裏の「東京音頭」

一月も終わりに近くなり、2月1日のキャンプインが目の前になりました。

いよいよ、2020年のシリーズに向けて始動します!

今年は、東京オリンピックの影響を受けるシーズンとなりそうです。

■例年より10日も早い3月20日の開幕

■7月21日からはオリンピックで24日間の中断

このことは、出場メンバーが強硬日程で試合することになります。そこそこは勝ち抜くでしょうし。。。希望w

この例年とは異なる日程(変則スケジュール)がペナントレースに与える影響は少なからずあり、意外な展開になる可能性が高いと思います。

まずは、キャンプでの調整、オープン戦の使い方が今まで通りでは無くなるので、調整遅れ故障などが心配されます。

夏場の約一か月の中断も、その時点で調子の良し悪しが影響すると思われます。

いい方向に行くか逆に勢いがなくなるか。。。う~む

しかし考えようでは、通常であればいささか総合戦力的には劣るヤクルトとしては、通常スケジュールよりは、やり様によってはいい展開に持っていけるかもしれません。

7月5日のDeNA戦を最終に神宮球場での試合は休みとなります。

9月15日にまたDeNA戦が神宮球場でスタートするまで、東京ドームでのホームゲームが11回も行われます(下表)。

開催日 対戦相手 開催日 対戦相手
7/7 中日ドラゴンズ 7/8 中日ドラゴンズ
7/9 中日ドラゴンズ 7/14 阪神タイガース
7/15 阪神タイガース 7/16 阪神タイガース
8/22 阪神タイガース 8/23 阪神タイガース
9/4 中日ドラゴンズ 9/5 中日ドラゴンズ
9/6 中日ドラゴンズ

東京ドームで、7回裏に「東京音頭」を合唱し傘で踊るなど、前代未聞で、これもオリンピックによるもの。

オリンピックイヤーがどのようになるのか、ちょっと楽しみでもあります。

まずは前半、特に4月の状態が目安になるかと思います。

新戦力、既存戦力の状態が見極められますから。

マクガフ投手が日本入りしました。

彼にも今年は頑張ってほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする