広島カープ菊池涼介選手 広島残留へ

ポスティングでメジャー希望を出していた、広島カープの菊池涼介選手の残留が発表されました。

FA市場の動きが悪いということでの判断だったようです。

正直なところ、うまいとはいえ内野手しかできず打率やホームランも群を抜いているという選手ではないので、果たしてうまくいくのだろうかと疑問に感じていました。

筒香選手であれば内外野ともに守備が可能ですし、ホームランや打率も良く、踏ん張ればレギュラーに。。。ダメでも代打に。。。つぶしが利きそうです。

メジャーリーグの内野手はすごいパワーで、処理する球速が早く日本のプロ野球の比ではありません。

その中でレギュラーを取るのは大変なことです。

選手層が豊富なので、ユーティリティ型選手でなければ食い込むのが難しくなっています。

行きたいという夢や希望と、行ってから思うような活躍ができるかは別物。

ある意味早々と現実路線に舵を切り広島残留を決めたのは良かったと思います。

でも、一般には、海外をあきらめた場合「国内の他球団」に行くことが多く、パリーグに移籍するのではと思っていましたので、ちょっと意外です。

もうこうなったら、広島に骨を埋める覚悟だろうと思います。

それはそれで良いかと思います。

赤ヘルの菊池で最後まで行ければね。

海外に行きたい選手が増える中、実力と現実をしっかり天秤にかけた今回の判断。

今後の海外FA希望選手に影響があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする