ソフトボール 上野投手は凄いの一言

東京オリンピック2020。

IOC,JOC,組織委員会、政府それぞれ様々な問題で物議を醸していますが、言わば放置で見切り発車でスタートしました。

オリンピックの在り様は大きな問題ですが、参加選手は様々な問題の中奮闘するわけですから、そこは素直に声援をと思います。

ソフトボール。

好投上野

メキシコ戦 力投上野5回まで10奪三振1失点 7回2失点目で降板 出典NHK NEWSWEB

メジャースポーツでは無いので中々脚光は浴びにくいのが現状です。

そんな中、オリンピックは少ない檜舞台といえます。

競技のトップを切って始まり、注目が集まった感じです。

初戦・二戦と先発の上野 由岐子投手が際立ちました。

背番号17が再びオリンピックマウンドに

背番号17が再びオリンピックマウンドに

北京から13年ですが今でも中心選手ですから凄い事です。

先発してしっかり試合を作れる辺りは流石の内容です。

流石に以前の「神様、仏様、上野様」の圧倒的な投球ではありませんが、それでも110Kmを超えるストレートが投げられますから(年齢を思えば)凄いの一言です。

絶好調の時は世界最速121Kmを出していて、神がかっていました。

一口に121Kmといいますが、ソフトボールのベース間距離は13.11m

野球の18.44mと比較すると5m以上も違うため、体感では170Kmくらいの速さということ。。。

今の球速110Kmだとしても野球なら150~160Kmのイメージです

恐るべし39歳(丁度メキシコ戦の7月22日が誕生日でした)

以前に比べ変化球も交えての投球スタイルに変わってはいますが、駆け引きなどを交えて自分のペースに引き込めます。

アテネオリンピック銅メダリスト、北京オリンピック金メダリストという戦歴は、引き出しの宝庫でもあります。

チームの大黒柱として連投も辞さず、強い相手に立ち向かう。

大きなケガから不屈に立ち上がる。

日本人の好きな、応援したくなる選手ですね。

宿願の金メダルに手が届くといいのですが・・・

後藤今回はメキシコ戦で若干20歳の後藤希友投手がこれまた素晴らしい投球でピンチを抑え、勝利に繋げました。

無知であまり知らなかった投手ですが、どうしてどうして。

実に冷静でしたし、左腕からの全身を使った豪快な投球で、思わず見入ってしまいました。

楽しみが一つ増えた感じです。

好リリーフの後藤

7・8回を5奪三振で好リリーフの後藤 出典NHK NEWSWEB

上野 由岐子プロフィール

うえの ゆきこ。福岡県福岡市出身のソフトボール選手で投手。

1982年7月22日 生まれ。

背番号17。

右投右打。

女子ソフトボール日本代表で愛称は「うえぴー」。

2004年アテネオリンピック銅メダリスト、2008年北京オリンピック金メダリスト。

2008年の北京オリンピックでは、2日3試合で413球を投げ「上野の413球」が流行語大賞審査員特別賞を受賞

獲得メダルは以下です

オリンピック

2004 アテネ
2008 北京

世界選手権

2002 サスカトゥーン
2006 北京
2012 ホワイトホース
2014 ハーレム
2018 千葉

アジア大会

2002 釜山
2006 ドーハ
2010 広州
2014 仁川
2018 ジャカルタ