本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。

吉村好投し中継も粘投、僅差を維持しての9回思わぬ展開で敗戦

吉村6回途中無失点の好投出典ヤクルト公式サイト20240709 プロ野球・ピッチャー
吉村6回途中無失点の好投 出典ヤクルト公式サイト2024/07/09

7月9日 対  阪神タイガース  甲子園にて カード初戦。

 

このところ初回KO負け続きでしたが、少しは試合らしくではありました。

しかし最終局面を迎えた9回、結局は自滅で勝ちきれませんでした。

ベンチ控のレベルの低さが出た感じです。

 

7/9 阪神タイガース 対 東京ヤクルトスワローズ

R H E
ヤクルト 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 7 1
阪神 0 0 0 0 0 0 0 2X 2 8 0

・ヤクルト本塁打      なし

・阪神本塁打       なし

ヤクルト 吉村貢司郎、H山本大貴、H大西広樹、H木澤尚文、田口麗斗 – 中村悠平
阪神 才木浩人、桐敷拓馬、石井大智 – 梅野隆太郎
宮本2安打1打点の活躍出典ヤクルト公式サイト20240709

宮本2安打1打点の活躍 出典ヤクルト公式サイト2024/07/09


先発吉村貢司郎投手

先発吉村貢司郎投手

ここまでの先発陣の不甲斐ない内容に比べればよく粘った内容でした。

が、打撃陣の援護不足もあって徐々に押された感じで、6回を投げ切れませんでした。

やはり6、7回の勝負所がなかなか乗り切れない・・・全幅の信頼がまだ得られていないと言う感じでの降板でした。

やはり一球一球を大切にしていない無駄球の多さが、終盤の消耗につながっている感じがします。

まあ他の先発陣に比べれば良い内容ですが、勝ち越しを増やすには一球一球を考えて流れを作ることが重要と思います。

当面あてにできる先発がいない中、踏ん張ってほしいところです。

吉村6回途中無失点の好投出典ヤクルト公式サイト20240709

吉村6回途中無失点の好投 出典ヤクルト公式サイト2024/07/09

オールスターに監督推薦で選ばれました

普段触れ合うことのない他球団の選手たちと交流し、何か得るものがあってくれたらと願っています。

 

僅差でしたから、山本ー大西ー木澤投手と信頼できるところでの継投でした。

43山本大貴2024 44大西広樹2024 20木澤尚文2024

それぞれ踏ん張って良い内容でつなぎました。

 

山本大貴投手。

6回、吉村投手の火消登板でした。

1死1,2塁で佐藤、島田選手連続見逃し三振に斬り、無事火消終了です。

 

大西広樹投手。

1死後四球を出したものの、代打の糸原選手併殺に仕留めて終了。

 

そういえば大西広樹投手オールスターに監督推薦で選ばれました

今季はとても良い働きをしていますので、評価されたのは良かったと思います。

こちらも、普段触れ合うことのない他球団の選手たちと交流し、何か得るものがあってくれたらと願っています。

 

木澤尚文投手。

木澤尚文投手

近本選手に安打、中野選手犠打と、得点圏に走者を進め苦しい展開になりました。

しかも前川選手の時にワイルドピッチで三塁に行かれてしまいます。

その前川選手には10球粘られ、根負けするのではと思いましたが、11球目で空振り三振

151㎞のシュートでした。

その後大山選手をセンターフライに打ち取り、無失点で終了しました。

なかなか見ごたえのある回でした。

 

それにしても、やはり駒不足は否めません。

今一つ調子の上がらない田口投手最後にもって来ざるを得なかった感じです。

吉村投手が6回を投げきれればよかったのですが・・・

山本、大西、木澤投手で終わらせられたかも??ですから。

展開上は苦しい継投となってしまいました。

 

田口麗斗投手。

クローザー田口麗斗投手

危惧していましたが、制球、キレ共にやはり本来のものではありませんでした。

1アウト後粘り切れず四球で流れを失った感じです。

それでも何とか粘り切ったのはさすがですが、北村選手の凡プレーで逃げきれずでした。

後は粘り切る力が残っていなかった感じです。

 

今の状態では僅差での逃げ切りは難しい状態です。

現実的にはあと一枚は安定したブルペンが必要ですが、見渡しても候補なしのお寒い状態です。

安全圏の得点能力があればと思いますが、現段階ではそれも望めません。

本来は「打線がカバーするチームスタイル」なのですが、塩見・サンタナ選手を欠き、村上・山田・オスナ選手が本調子ではありません。

これまたお寒い状態で八方塞がりとも言えます。

 

打線

長岡、宮本選手が頑張っています。

 

長岡秀樹選手。

チャンスメイク安打の長岡秀樹選手

4回、8回に安打を打ちました。

4回は得点につながるチャンスメイクの安打でした。

 

宮本丈選手。

4回、7回と安打を打ちました。

4回の安打はタイムリーでした。

宮本2安打1打点の活躍 出典ヤクルト公式サイト2024/07/09

宮本2安打1打点の活躍 出典ヤクルト公式サイト2024/07/09

以降得点を得られていませんので、この試合唯一のタイムリーとなりました。

 

7回は懸命に走ってのセカンド内野安打でした。

滑り込んでセーフとなっています。

宮本滑り込んで内野安打

宮本滑り込んで内野安打

後続が倒れたので得点には結びつかなかったのですが、覇気ある安打でした。

 

しかし山田、村上選手がチャンスでうまく機能しません。

村上選手は安打は出たのですが、肝心の得点機ではバットが空を切り、打点を挙げられていません。

 

ベンチのも一軍レベルとしては力不足の状態です。

ファームを見てもこちらも底上げ候補なしです。

レベルが達していないメンバーを入れ替える術も無いので、総じて戦力不足です。

この試合では左足裏の炎症で2試合を欠場していたサンタナ選手が、ベンチに入っていました。

25サンタナ2024

代打ぐらいには出られる状態になったということでしょうか。

必要な駒ですから、大事に至らないよう留意して臨んでほしいと思います。

 

まあ打てないとしても、最低エラーで負けは勘弁ですw。

守りくらいはしっかりして欲しいものです。

 

今日はカード2戦目。

ヤクルトの先発が奥川恭伸投手、阪神は大竹耕太郎投手と発表されています。

18奥川恭伸2024 VS 大竹耕太郎

奥川投手にはこの連敗を止める投球を見せてほしいです。

打線も奥川投手の時は奮起して援護していますから、今回も頑張ってほしいと思います。

大竹投手には今季2敗していますので、難攻不落の印象ですが、何とか崩してほしいものです。

サンタナ選手が大竹投手に強い(今季いずれの試合でも安打)のですが、ベンチなのが残念です。

 

プロ野球 セリーグ 試合結果 2024年7月9

阪神タイガース        2-1   東京ヤクルトスワローズ 甲子園
横浜DeNAベイスターズ    6-5    中日ドラゴンズ 横浜スタジアム
広島東洋カープ         3-5    東京読売ジャイアンツ マツダスタジアム

 

プロ野球 セリーグ 順位表  2024年7月9

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 80 40 35 5 .533 0.0
2 広島 77 38 35 4 .521 1.0
3 阪神 80 39 36 5 .520 0.0
4 DeNA 78 40 37 1 .519 0.0
5 中日 80 35 39 6 .473 3.5
6 ヤクルト 79 32 43 4 .427 3.5

コメント

タイトルとURLをコピーしました