本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。

春キャンプに向けてカウントダウン 助っ人の来日始まる

1月もあとわずかになりました。

2月からはいよいよ2024シーズンの春季キャンプが始まります。

1軍2軍の振り分けはとうに終わっており、それぞれのキャンプ地に向けて最後の自主トレが行われています。

 

助っ人外国人選手にとっては、故郷に帰省できる唯一のチャンスが年末年始。

ヤクルトの外国人も皆故郷に帰り、つかの間の癒しを味わっていたかと思います。

 

そんな中、1月27日にオスナ、ロドリゲスの2名が帰国したと、ヤクルトの公式Xが伝えました。

オスナ2023 ロドリゲス2023

 

キャンプまで5日あるのに、もうですか?

意気込みが伝わってくるような来日です。

 

時差による体調の調節などを考えますと、2日前には入国したいところと思いますが、早めの来日です。

オスナ選手の場合は、性格的にわかるような気がしますが、ロドリゲス選手、気合が入っているように感じます。

何としても2024シーズンは良い成績を挙げたいとの気持ちかと、勝手に推測しました。成績によってはメジャー復帰の道も考えられますし、23年シーズンの結果以上の評価で更改したことも関係あるかもしれません。

春キャンプではかなり走り込みもさせられそうですが、足腰を鍛え、基礎体力をつけて良いスタートを切って欲しいと思います。

フィールディングもキッチリ練習して欲しいところ。

少なくとも1塁へのベースカバーをしっかりこなせませんと、日本の野球ではやっていけません。

 

助っ人外国人は、サンタナ、サイスニード、エスパーダと残り3名。

今日・明日・明後日で来日するかと思います。

サンタナ、サイスニード選手は力は解っていますので、体調に問題なければ2024シーズンも活躍してくれそうです。

 

期待と不安があるのが、ヤフーレ、エスパーダ選手

はたしてどこまで仕上がって日本に来るのか、実力はどうなのか・・・

実際に早く見たいところです。

 

いよいよ春キャンプに向けてのカウントダウンが始まり、それは同時に2024年シーズンに向けてのカウントダウンでもあります。

昨季5位に甘んじた東京ヤクルトスワローズ。

今季こそV奪還に向けてチーム一丸、奮闘を期待しています。

 

 

コメント