本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。

小川5回で降板し、青木の一発だけで勝ち目の見えない展開 

青木2号で生還 プロ野球・ピッチャー
リクエストでホームランに認定され、青木2号で生還

またまた”2歩後退”の感じです。

直近2試合は、石川、小澤両投手が良い流れを作る好投で”前進”したのですが。

僅差をしぶとく勝ち切って、少し”らしさ”が顔を出した感じでしたが。。。

週初めの初戦で先発の小川投手。

残念ながら試合を作れずで、またまた下降線になってしまいました。

6/13 東京ヤクルトスワローズ 対 福岡ソフトバンクホークス 試合結果

R H E
ホークス 1 0 0 0 2 0 2 0 0 5 11 0
ヤクルト 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 6 0

・ヤクルト本塁打      青木宣親 2号ソロ(6回)

・ホークス本塁打   中村晃 3号ソロ(1回) 近藤健介 9号2ラン(5回) 今宮健太 3号2ラン(7回)

ヤクルト 小川泰弘、山本大貴、今野龍太 – 中村悠平
ソフトバンク 有原航平、津森宥紀、大津亮介、オスナ – 甲斐拓也

 

青木2号ソロ出典ヤクルト公式サイト20230613

青木2号ソロ 出典ヤクルト公式サイト2023/06/13

 

5回3失点ですから大崩れではないのですが、いきなり一発を喰らい、追う展開で始まりました。

更に中盤5回にまた一発で有効な追加点を与えるという、点差以上に勝ち目の見えない展開となりました。

 

この試合の小川泰弘投手

先発小川泰弘投手

球威、キレともに今一つでした。

2ストライクまでは簡単に取れるのですが、そこから決めきれません。

見ていますと、相手も2ストライクとカウントは追い込まれても、余裕がある感じでした。

簡単に粘って打てる球を待つというような、まあ完全に打者有利の対決です。

 

守る時間が長いことも多少あってか、打線も繋がりにかける感じでした。

好機を作ってもそこから丁寧にしっかり責められるとタイムリーは難しい。

極端に言えば、あしらわれている感じとも言えます。

それでも何とか5回までは投げました。

6連戦の最初の試合ですから、台所事情を考えますとギリギリです。

小川投手が5回で降ろさざるを得ない状態でしたから、本来ワンポイント・ショートリリーフの山本大貴投手が回跨ぎで2イニングとなってしまいました。

山本大貴投手

1イニング目は三者凡退と役割を果たしました。

さすがに2イニング目は荷が重い・・・2点差を維持できる強さは残念ながら・・・

先頭打者にピッチャー強襲の内野安打を許し、代走周東選手でした。

油断のならない走者に気を配りながらの投球ですので、気が張っていたと思います。

中村晃選手をライトフライにとって、ホッとした部分もあるのかと思いますが、続く今宮健太選手の3球目のスライダーがほぼ真ん中に甘く入ってしまいました。

ダメ押しの一発です。

週初めの投手が6、7イニング投げられなかったことが招いた、当然の結果と言えます。

 

ということで、点差以上のワンサイドゲームとなりました。

髙津監督も試合後、小川投手の投球について、

「どうですかね。そんなにいつもと変わらないと思いますけど、あの五回の2ランが痛かったですね。後ろで投げるピッチャーに対しても、まだ1―0だったら打席に立たせてね、いろいろ考えることもできたんですけど、火曜日で5イニングしか投げられないというのは、ちょっとしんどい週の始まりかなと思いますね。まあ、監督がこんなこと言っちゃいけないと思うんですけど、リリーフに負担かけないようにやっていかないといけないですね」

引用サンスポ

 

石川、小澤選手といった脇がいい働きをした後だけに、本来軸となるべき投手がこれではなかなか上昇は望めません。

 

打線も打ちあぐねました。

有原投手に安打5本。

その内サンタナ選手が2本。

安打出塁のサンタナ選手

内山壮真選手が2本。

内山壮真2安打

 

2選手の連打でお膳立てをしたものの、ほとんどの選手が打ち崩せませんから、その後の展開は推して知るべしです。

 

唯一、6回に青木宣親選手が2号ソロを打って反撃の狼煙を上げたのですが。。。

2号ソロの青木宣親選手

ファールだった大飛球は、リクエストで覆り、ベンチに引っ込んでいた青木選手は帽子をかぶり直してダイヤモンドを回りました。

青木2号で生還

勢いが戻ったかのように思いました。

しかし、結果は狼煙だけで終わってしまいました。

 

継投陣にもやられ、8回の山田哲人選手の二塁打のみ。

二塁打の山田哲人選手

ソフトバンクには昨季3タテしたはずが、今季は見事に仕返しをされそうです。

 

次はヤクルトが高橋奎二投手、ソフトバンクが東浜巨投手と発表されています。

高橋奎二2023 VS 東浜巨

高橋投手。

この選手も今季は軸となるべきところですが、なかなか結果が残せていません。

復帰1戦目は力み過ぎて空回りしているのが、はた目にも分かりました。

名誉挽回できるか、今度が最後のチャンスかもしれません。

また前回同様では抹消が待っている感じです。

期待して見守りたいと思います。

 

そういえば奥川恭伸投手が二軍で好投したというニュースが流れています。

奥川恭伸2023

4月の実戦復帰から6試合目となったイースタン・リーグ巨人戦に先発し、復帰後の最長、最多となる6回97球を投げ5安打5奪三振4失点だった。速球も復帰後の最速となる154キロを計測した。

出典日刊スポーツ

本人は早く一軍に上がりたいようですが、高津監督は、

「こちらの都合で早くしたりとかはしないですね。まあ、彼の体を見ながらというところになると思います」とコメント。

気が早やってまた壊してしまう様なら、選手生命さえ怪しくなります。

ここは我慢のしどころ。

完全体になって復帰して欲しいと思います。

 

プロ野球 交流戦 試合結果 2023年6月13

埼玉西武ライオンズ      1-5  東京ヤクルトスワローズ 神宮球場
横浜DeNAベイスターズ    5-3  北海道日本ハムファイターズ 横浜スタジアム
中日ドラゴンズ        7-0  千葉ロッテマリーンズ バンテリンドーム
阪神タイガース        0-2  オリックス・バファローズ 甲子園
広島東洋カープ        3-6 東北楽天ゴールデンイーグルス マツダスタジアム
東京読売ジャイアンツ     3-0  埼玉西武ライオンズ 東京ドーム

 

プロ野球 セリーグ 順位表  2023年6月13日 試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 59 36 21 2 .632 0.0
2 DeNA 57 32 24 1 .571 3.5
3 巨人 60 31 29 0 .517 3.0
4 広島 59 30 29 0 .508 0.5
5 ヤクルト 59 23 34 2 .404 6.0
6 中日 58 23 35 0 .397 0.5

 

 

コメント