CS1st 大貫快投、伊勢パーフェクト火消しで2戦目を勝ち取る

先発大貫 プロ野球・ピッチャー

10月9日、CSファーストステージの2戦目。

横浜、大貫投手の快投で接戦を制しタイとなりました。

CS1で勝利の横浜出典横浜公式サイト

CS1の2戦目で勝利の横浜 出典横浜公式サイト

 

この2戦、両チームの投手陣の好投が目立ちます。

大貫晋一 伊藤将司

 

ともに打線が今一つ調子を落としている事もあり、特に中軸が今一つという所が大きいかも知れません。

ホームランなしも意外と思いますが、投手陣の丁寧さ故とも言えます。

 

大貫晋一投手。

先発大貫

ストレート、変化球ともに制球キレが良く、両サイドを上手く使った好投でなかなか打ち崩せない感じでした。

1安打もボテボテが良いコースに飛んだだけのほぼパーフェクトでした。

 

ピンチで登板の伊勢大夢投手が大貫投手を上回る出来で、見事な火消でした。

伊勢大夢投手

 

7回表、中野選手内野安打盗塁

糸原選手が送りバントを決め1アウト3塁となりました。

大貫投手に代わった伊勢投手は、近本選手を威力のあるストレートで一球で抑えました。

その後の大山選手も外野フライに打ち取り、仕事をさせませんでした。

ここが試合としては大きなポイントでした。

しかも回跨ぎでパーフェクトリリーフとしっかり締め切りました。

 

短期戦で終盤のキーポイントでの快投は光ります。

伊勢投手はこの先のキーマンの一人と言えます。

 

打撃は5回この試合唯一の得点が入りました。

先頭の宮崎選手が安打出塁。

続くソト選手がライトへ二塁打を打って2,3塁になります。

ソト二塁打

そこへこの試合に先発で出ていた大和選手センターへのタイムリーヒットで1点

大和タイムリー

虎相手に虎の子の1点が入りました。

 

阪神は結局この1点に泣いたわけですが、やはり中軸が機能しないとこのような展開の試合では難しいものがあります。

連打が難しいところではやはり長打。

ホームランバッターが少ないところも効いている感じがします。

 

これで五分五分ですが、横浜が少し有利かなと思います。

理由ですが、まず投手の実績に差があること。

横浜は濱口投手で、実績があります。

対して阪神才木投手は良い投球をしますが経験は浅いです。

上手くいけば良いのですがつぶれると後が厄介です。

この試合の西純矢投手ぐらいに踏ん張れることが大事です。

才木投手が快投で期待に応えられるかを見たいと思います。

 

次に横浜が万遍なく安打を打つ打線であること。

更に中軸からの牧、宮崎、ソト選手が活発で得点能力があることです。

阪神はCSでの大山、佐藤選手が機能していません

 

ただ、横浜は走れない、対して阪神には足があります

安打、盗塁、犠打で3塁というパターンをこの試合でもやっていました。

 

三戦目、いよいよ正念場。

どちらが勝つか楽しみに観戦したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました