金久保初登板初勝利 期待の若燕濱田、長岡が積極的な打撃で勝ちに貢献

4/15  横浜DeNAベイスターズ対 ヤクルトスワローズ 試合結果

R H E
ヤクルト 0 0 1 2 0 0 0 0 0 3 8 0
横浜 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 8 0

バッテリー

ヤクルト 金久保優斗、H石山泰稚、H清水昇、Sマクガフ – 古賀優大
DeNA 坂本裕哉、ピープルズ、エスコバー、伊勢大夢 – 嶺井博希

久保6回2失点今季初勝利2022/04/15 出典ヤクルト公式サイト

4月15日  対 横浜ベイスターズ

一応投打噛合い、接戦をものにしました。

先発 金久保優斗投手

金久保優斗

ようやくの初登板でした。

今少し早く出てくるかと思いましたが、先発事情が苦しくなっている時でもあり期待の登板です。

雨の影響で初回は少し制球が定まらない感じもありましたが、ストレートは昨年同様の威力でした。

徐々に制球も取り戻し6回を投げ切ることができました。

球数は80球程度でしたが、初登板ということもあってか6回で降板しました。

次は7,8回を期待したいところです。

金久保初登板初勝利2022/04/15出典ヤクルト公式サイト

チェンジアップがほとんどコントロール出来ていなかったので、次回までの修正点かと思います。

カウントを悪くして甘く入ってソト選手に一発でしたが失投はこの一球くらい。

総じてテンポもよく安定感がありました

DeNAは相性が良い感じです。

今回は中継陣も踏ん張り、点を与えず逃げ切りました。

7回、石山泰稚投手は三者凡退で5ホールド目。

石山泰稚投手

8回、清水昇投手はDeNA復帰の藤田選手に安打を打たれたものの、後続を打ち取って3ホールド(4HP)。

8回は中軸だったので、一番キツイところかと思います。

関根選手、佐野選手、ホームランのソト選手を打ち取り、試合が見えてきました。

清水昇投手

9回、マクガフ投手も宮崎選手に安打を打たれたものの、後続を打ち取って4セーブ目を挙げました。

マクガフ投手

打線はサンタナ選手が帰国で完全に見透しがつかないところです。

塩見泰隆選手が先制のタイムリー。

塩見先制3号2022/04/15出典ヤクルト公式サイト

濱田、長岡選手が良い働きをしました。

濱田太貴選手は5番スタメンで2安打。

濱田太貴

4回、村上選手の安打に続き安打を打ち、得点機を広げました。

長岡秀樹選手

2回には犠打成功。

4回はタイムリーで2打点を上げました。

長岡タイムリー2打点2022/04/15出典ヤクルト公式サイト

この2名は選球、読み、流れといったところはまだまだ修行中ですが、積極的にいけている感じです。

今年は飛躍の下地を作ることが出来るか、最初の挑戦です。

青木宣親選手

青木丸刈りで安打20220415撮影・野上伸悟

8回表左前打を放った青木。代走を出され笑顔でベンチに戻る 出典日刊スポーツ撮影・野上伸悟

久々の丸刈りで、青木選手らしい気分転換とスイッチの入れようの感じです。

その効果か最終打席で久々のらしいヒット。

ベンチ大盛り上がりを見ると、やはり別物の感じです。

本人も転機としたい一打でした。

粘りで逃げ切りましたが、終盤追加点がほしいところでのバント失敗、牽制死、併殺など作戦を忠実には実行できていません。

追加点の有無は別にして、決めるべきことができないと流れを失いかねません。

投手陣が踏ん張って流れを渡しませんでしたが、失敗の連続は雰囲気的にはDeNAに流れが行きそうでした。

このあたりが修正できれば上向けると思います。

今日は原樹理投手上茶谷大河投手の投げ合いです。

原樹理 VS 上茶谷大河

4月1日のDeNAベイスターズとの第1カード初戦では、上茶谷投手に付け入ることができず、敗戦しています。

今回は雪辱を。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2022年4月15

横浜DeNAベイスターズ   2-3  東京ヤクルトスワローズ 横浜スタジアム
阪神タイガース      4-1  東京読売ジャイアンツ 甲子園

プロ野球 セリーグ 順位表  2022年4月15日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 広島 17 11 5 1 .688 0.0
2 巨人 18 12 6 0 .667 0.0
3 中日 15 9 6 0 .600 1.5
4 ヤクルト 17 9 8 0 .529 1.0
5 DeNA 13 5 8 0 .385 2.0
6 阪神 18 2 15 1 .118 5.0