明日からのキャンプインは監督、村上無しでスタートの波乱 それでも「熱燕」

いよいよ明日は2022年春季キャンプイン。

シーズンが始まります。

一軍本体が沖縄入りしました。

相変わらず感染者続出の感じで、高津監督も近親者陽性で自粛のようです。

日本シリーズ2021第1戦の高津監督

日本シリーズ2021 第1戦の高津監督

高津監督に関しては、所轄保健所に濃厚接触者についての判断を求め、該当しないとの回答があったといいます。

ですが「球団と監督で相談し、万全を期すために東京でのPCR検査が2回陰性になった時点で、キャンプ地である沖縄へ入ることとなりました」と球団公式サイトでコメントしています。

万全を期すという意味では正解だと思います。

行きたいのはやまやまでしょうが。

海の向こうのサイスニード投手も陽性。

サイスニード

まだ来日出来ていませんから調整も考えると5月以降から合流かもしれません。

まさか前半戦間に合わずということはないとは思いますが。

キャンプ後も色々起こりそうで、何がどうなるか予想は出来ません。

起った局面で対応するしか無いわけですが、正しく最も難敵はコロナとなりそうなシーズンです。

もっとも、村上選手がコロナ陽性でキャンプインを外れたことで、長岡選手が呼んでもらえたようです。

長岡秀樹

武岡選手がメンバーに入っていましたから、忸怩(じくじ)たる思いがあったと思いますが、短期間とはいえチャンスをもらえましたから頑張ってアピールして欲しいと思います。

昨年は開幕いきなりのコロナ離脱者が出て、前半スタートの出鼻がくじかれました。

獲得した外国人選手が皆入国遅れしたことも暗雲でした。

しかし、未曽有の事態にチームが一丸となり、残った選手が頑張って勢いが付きました。

だれも考えなかったであろう「中村悠平2番」もその一例です。

4月15日、中村選手は2番で出場し、先制の1号を打ちました。

4月15日中村先制1号

その後6番に定着し、大きな要になった中村選手。

昨年できた大きな財産です。

ことしは出足で躓かず、まずはAクラスを維持したいところです。

2022年スローガン「熱燕―NEXT STAGE―

2022年シーズンのスローガンが「熱燕―NEXT STAGE―」に決まったことが発表されました。

2022年スローガン熱燕

球団初の2年連続日本一に向けて、高津監督は球団を通じ「心に刻み込まれるような熱い戦いを繰り広げること。今年も勝ちにこだわって『チームスワローズ』として情熱を持って戦っていく」とコメントしています。

デザイナーはユニフォームと同じ大岩Larry正志さんです。

熱血、熱闘を思い浮かべる力強い字体で、選手・ファン・スタッフを鼓舞する力を感じます。

さて、あすからはいよいよキャンプインですが、フジテレビONEで11時から放送がある様です。

監督、村上選手ほか、高橋投手や元山選手も無しでスタートの波乱ですが、それでも「熱燕気分」で見てみたいと思います。

しばらく野球観戦ロスの状態が続きましたから楽しみです。