9回土壇場、塩見と山田が執念全開で激走!予想外の結末で、なんと巨人を3タテするサヨナラ!

10月7日  対 東京読売ジャイアンツ

R H E
巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 1X 1 2 0

ヤクルト 原樹理、H今野龍太、H清水昇、マクガフ – 中村悠平
巨人 菅野智之、Hデラロサ、H畠世周、ビエイラ – 小林誠司

山田選サヨナラタイムリー内野安打

山田選サヨナラタイムリー内野安打で勝利 出典ヤクルト公式サイト

時の勢いの恐ろしさが感じられる、まさかのサヨナラ勝でした。

前日も同様でしたが、チームの勢いの違いが如実に出た感じです。

まるで勝利の神様がベンチの上に座っているかのようです。

とは言え、やはり全員が勝利に向かって懸命のプレーをしっかり行っている表れには違いありません。

優勝が見えているだけに真剣味が違うということかと思います。

先発の菅野智之投手。。。やはり苦手。

菅野智之

球威、切れ、制球が完璧で、全く手も足もで気持ちよく抑えられてノーヒット。

完全に余裕の投球で、勝負を楽しんでいるかのような笑顔が垣間見れました。

しかし、ノーノーかと思いきや7回頭でまさかのアクシデント降板。

相手のアクシデントを喜ぶ訳ではありませんが、これで少し流れが変るかの感じでした。

負けられないジャイアンツは後続投手もノーヒットで踏ん張り、ヤクルトとしては引き分けに持ち込めばの展開。

それにしても菅野投手は苦手ですなぁ。。。

今季は得点はおろかヒットすらも中々出せません。

この先を考えると厄介です。

ヤクルト、前日もでしたが中々得点できないとなると投手陣が頑張り得点を与えない。

これはお互いを補っている良い投打のバランスってことにもなるのかな。

先発原樹理投手

原樹理6回無失点

しっかり攻めの投球でストライク先行。

ピンチを招いても(結構毎回)最後は粘ることが出来、最後の一本を与えませんでした

無失点6回ですから上出来の好投です。

この試合も勝は付きませんでしたが、勝に等しい内容でした。

投げる前は不安でしたが、3登板続けてこのような投球ができるなんて驚きと嬉しさと。。。ローテーションを掴んだ感じです。

6回まで先発が投げれば、後は不動の3枚。

今野ー清水ーマクガフの勝利の方程式をつぎ込みました。

ここも「点が取れなければ与えない」で完璧なリレー。

私の予想では2連勝しているので温存かと思いましたが、高津臣吾監督は勝負師ですなぁ。。。流石なもんです。

まずはジャイアンツを優勝争いから退ける好機なのであえて投入してきました。

これがサヨナラの呼び水になった感じもします。

監督の「勝つぞ!」がチーム全体に伝わったかと思える「見えない力」が作用しました。

このところのヤクルト投手陣は好調ですが、理由の一つ目は攻めの投球に徹していること。

内角も積極的に使っています。

二つ目は攻めの内容からストライク先行で四球が少ない

四球を絡めて崩れないところがあると思います。

昨年までと大きく違ってきたのは、この組み立てに対して投手陣が投げ切れるようになったところかと思います。

打線。

最後9回裏の攻撃にスライダーをしっかり捉えて突破口塩見泰隆選手

塩見チーム初安打

前の打席の失敗を取り返す内容でした。

ノーヒットを逃れてチームも気持ちが違ってきました。

このあと警戒の中しっかりと思い切った盗塁。

塩見盗塁

これも最後に生きる、価値あるものでした。

しびれる中、完璧な盗塁を見せてくれました。

山田哲人選手ボテボテ

山田内野安打でサヨナラ

これも全力疾走で、ある意味相手のミスに近いものを生んだ感じです。

ここで塩見選手が諦めず、しっかりホームまで走り切って、気付けばまさかのサヨナラ

ジャイアンツを『土俵際肩透かし』とも言える勝利でした。

ヤクルトが巨人にサヨナラ

ヤクルトが巨人にサヨナラ 皆で歓喜に湧くチーム 出典日刊スポーツ撮影・浅見桂子

当たりはボテボテでしたが、キャプテン山田選手にとっては責任を果たしたと思える気持ちの晴れるものと思います。

山田ヒーローインタビュー

ここぞでやったこと。

「終わった…」と思っても諦めずに走り切っての勝利でした。

今年のスワローズを象徴していると思います。

気持ちが不可能を可能にしていると思えるほどのシーズン。

これでジャイアンツは、優勝争いから完全に後退。

タイガースとの一騎打ちの3連戦となります。

大一番の初戦を迎えます。

ヤクルトは満を持しての奥川恭伸投手を投入。

先発奥川

対するタイガースは高橋遥人投手で、これまた勢いを感じる若手です。

今日こそ打撃陣はガッツリ援護をして、奥川投手と楽に投げさせてあげて欲しい!

頼みます。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年10月7

東京ヤクルトスワローズ   1-0  東京読売ジャイアンツ 神宮球場
横浜DeNAベイスターズ   4-3  阪神タイガース 横浜スタジアム
中日ドラゴンズ             2-5  広島東洋カープ バンテリンドームナゴヤ

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年10月7日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 ヤクルト 126 66 44 16 .600 0.0
2 阪神 129 70 52 7 .574 2.0
3 巨人 131 59 54 18 .522 6.5
4 広島 128 52 65 11 .444 9.0
5 中日 132 51 65 16 .440 0.5
6 DeNA 130 49 66 15 .426 1.5

阪神が負けて2ゲーム差天王山第2ラウンドを迎えます。

勝つか引き分けでマジック点灯!

正念場です。