奥川快投、もはやエースの勢い。苦手青柳を打ち砕き18安打のワンサイドで虎退治に成功

9月7日  対  阪神タイガース

R H E
ヤクルト 1 1 3 0 0 1 1 4 1 12 18 1
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1

ヤクルト 奥川恭伸、大西広樹、石山泰稚 – 中村悠平、古賀優大
阪神 青柳晃洋、馬場皐輔、小野泰己、湯浅京己 – 梅野隆太郎、坂本誠志郎

奥川好投7回2安打無失点

奥川快投7回2安打無失点 出典ヤクルト公式サイト

首位戦線に残るためには重要なこの試合。

奥川投手が快投でしっかりゲームを作り、打線も奮起。

ヤラレ続けた青柳投手を打ち崩し、最後はワンサイドな展開で快勝でした。

奥川恭伸後半戦開幕の重要な試合に引き続き、阪神との大事なカードの初戦とエースの位置での登板の奥川恭伸投手

抜群の内容で、このところ逆転ゲームで盛り上がる阪神打線を完全に抑えきりました。

変化球の切れが抜群で、ストレートも走り、どの球種でもストライクが取れ、空振りも取れ、簡単にストライク先行攻めの投球安定感抜群の出来でした。

セカンドも踏ませない快投で球数も90球以下でしたから、8回も十分(完封も)いけそうでした。

ここはベンチ判断で7回まででした。

まあ完封は来季に。

前回は好投も3発食らいましたが、このところの安定感は抜群で、安心して見ていられます。

奥川ヒーローインタビュー大事に間隔を開けていることもあると思います。

ようやく軸になる投手(エース)出現の感じです

村上選手もそうでしたが、与えられた機会をつかみ取る確りとした物を持っていると思います。

2回のサンタナ選手の10号ホームラン。

サンタナ10号

当たってしまった感じで青柳晃洋投手にはショックだったと思います。

1回の失点を立ち直るきっかけを失ってしまいました。

追い打ちで3回、村上宗隆選手に32号3ラン(ほんと村上選手は青柳投手大好き)

村上32号を含む2安打4四球4打点

上32号を含む2安打4四球4打点 出典ヤクルト公式サイト

一気に離したこの一本は大きいところでした。

以降も好機を作るも決定打が出ませんでしたが、6回の村上選手のタイムリー。。。これが駄目押しとなる一点で試合を決める追加点でした。

村上選手は本塁打を含む2安打4四球(うち1つは故意四球)と、全6打席出塁し、4打点の活躍でした。

此れで阪神の逆転ムードは完全に消えた感じに見えました。

虎が猫になったような、牙がなくなったような。。。

この試合のもう一つのポイントがトップ起用の宮本丈選手

宮本丈選手

一番としての仕事をきっちりこなし打線に勢いをつけた感じです。

中々スタメンが巡ってきませんが、与えられた機会で十分な結果を出せています。

代打と合わせ非常に良い働き、使いたい選手です。

空きが無いのが残念ですが。。。

坂口智隆また、2安打にゲッツー崩れの激走、守ってはセンター、ライト、レフトと全外野の守備に就き、試合最後まで出続けた坂口智隆選手

与えられた機会に全力で取り組み、成果を出した37歳もブラボーでした。

さてこうなると次が大事

勝てれば勢いがつくのですが、まずは小川泰弘投手次第か。

先発小川

また、阪神は新人の伊藤将司投手です。

この新人が厄介で、ヤクルトに勝てばセ5球団からの勝利となってしまいます。

しかも7勝していますから新人の球団記録もかかっているのだそうで。。。

昨日の試合で打ちすぎて(18安打w)いるので、一抹の不安が。。。

何とか攻略して欲しいものです。

村上選手の今年の全ホームランを画像付き詳細説明

村上32号

村上宗隆選手 ホームラン記録 2021 32号を更新中

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年9月7

阪神タイガース      0-12   東京ヤクルトスワローズ 甲子園
横浜DeNAベイスターズ 8-2   東京読売ジャイアンツ 横浜スタジアム
広島東洋カープ     8-7   中日ドラゴンズ マツダスタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年9月7日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 105 58 43 4 .574 0.0
2 巨人 106 52 40 14 .565 1.5
3 ヤクルト 100 49 39 12 .557 1.0
4 広島 103 41 52 10 .441 10.5
5 中日 106 40 52 14 .435 0.5
6 DeNA 106 40 53 13 .430 0.5