読売との2位決戦に惨敗 

6月25日  対 東京読売ジャイアンツ

R H E
巨人 0 2 3 0 0 0 2 0 0 7 9 0
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 6 1
バッテリー
ヤクルト 石川雅規、星知弥、吉田大喜、大下佑馬 – 中村悠平、嶋基宏
巨人 メルセデス、畠世周、戸田懐生 – 大城卓三、炭谷銀仁朗

Aクラス決戦の大事な初戦でしたが不甲斐ない形での惨敗の内容でした。

最低でも5割では行きたいAクラス決戦の6連戦のスタートでしたが、つまずいてしまいました。

負け方が悪かったと思います。

先発石川雅規投手

連続先発登板新記録樹立となった試合でしたが。。。

6月25日先発石川

ストライクを取りに来る変化球を引っ張るという、石川攻略のお手本のような攻め方をされました。

今一つ精度が上がらなかった制球は、審判との相性も悪かったような気がします。

組み立てが苦しくなってホームラン2本での大量失点となり、試合を作れませんでした。

スピードは無いので、際どい勝負球が外れてはやはり苦しくなります。

5回を投げ切れずちょっと悔しい降板となりました。

いささか非情かとも思えますが、ここは非情さも必要と思います。

リベンジを期待します。

審判のことを言うのは筋違いかもしれませんが、取るコースにかなりばらつきがあったように感じた試合でした。

少なくとも石川投手向きではなかったと。。。

吉田大喜3番手は久しぶり登板の吉田大喜投手

高めに浮きがちで痛い2失点で完全に勝負ありでした。

どうも信頼が得られる内容ではなく、昨年よりも後退した感じです。

この壁を乗り越えれるかの状態で、ビハインドでの登板さえも難しく感じます。

攻撃。

相手メルセデス投手がどんどんストライクを取りに来ることもあってか早打ちでした。

積極的とも言いますが。。。

早打ちすることで、返って相手の術中に嵌った感じです。

一辺倒ではなく途中で作戦変更もあったように思います。

この試合、代打の使い方に疑問が残りました。

好機で決して調子がよくない西浦選手に代打は送らなかったこと。

8回も繋ぎに嶋選手を代打で起用したこと。

ベンチの意図が見えないところです。

青木選手は休養は分かるのですが、代わりの山崎選手の不調が目立ちます。

初回も無死一塁で進める事が出来ず、以降の内容も当てるだけでした。

7回の村上選手の盗塁死。

攻めに足を絡めることは大きな点差では悪いことではないと思います。

ただ、無警戒の状況でのスタートとしては一歩遅れの感じで、盗み切れていませんでした。

120%成功させなければならない状況での盗塁としては暴走となってしまいました。

まだ学ぶべきことは多いと思います。

まぁ、走ったことで、自打球の後遺症がないという証明にはなったと思いますが。。。

山田選手ここ2試合終盤で交代しています。

少し走塁もいい時の感じではなく、コンデションが危惧されます。

小川泰弘さて、初戦を負けましたので2戦目の重要性が増します。

今日は小川泰弘投手と戸郷翔征投手の投げ合いです。

小川投手は前回上手く投げることができませんでした。

今日こそリベンジ。

頑張って欲しいと思います。

しかし、戸郷投手相手では、打線が多彩に攻めないと、またやられてしまいます。

昨日の二の舞いにならないよう、繋いでほしいものです。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年6月25

東京ヤクルトスワローズ  1-7  東京読売ジャイアンツ 神宮球場
阪神タイガース      0-3   横浜DeNA ベイスターズ 甲子園
広島東洋カープ      3-6   中日ドラゴンズ マツダスタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年6月25日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 67 42 23 2 .646 0.0
2 巨人 70 35 25 10 .583 4.5
3 ヤクルト 68 35 26 7 .574 0.5
4 中日 70 28 33 9 .459 7.0
5 DeNA 71 23 39 9 .371 5.5
6 広島 66 21 37 8 .362 0.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする