小川安定の好投、村上17号で勝ちが見えたはずだったけどね。。。マクガフ大乱調で逆転負けのトホホ

6月5日  対 埼玉西武ライオンズ

R H E
西武 1 0 0 0 0 0 1 0 4 6 9 1
ヤクルト 2 0 0 0 0 1 0 0 0 3 10 0
バッテリー
西武 今井達也、宮川哲、S平良海馬 – 森友哉
ヤクルト 小川泰弘、H清水昇、マクガフ、梅野雄吾 – 中村悠平

ヤクルトらしい試合で逃げ切れるかと思いましたが、勝利は手から零れ落ちました。

小川泰弘投手6月5日先発小川泰弘投手

前3試合に比べると少し出来は悪く立ち上げりに苦労しましたが、2回以降は安定した投球内容でした。

結果7回までは投げ切りましたので十分責任は果たせた感じです。

この安定感は中々長いイニングを投げきれない先発陣の中では助かる事になります。

この調子が続いてもらいたいところです。

この試合幾つかのポイントがありました。

初回の攻撃でのサンタナ選手

好投手でも立ち上がりは不安定になりや易いものですから初回は好機が生まれる事が多いです。

ここでしっかり得点を取らないと以降は手こずることになりがちです。

その意味でこの試合、初回村上選手のタイムリーで2得点(逆転)、

無死1,2塁と好機は続きます。

ここでサンタナ選手、相手の思惑に嵌って内野ゴロ ダブルプレーとなってしまいました。

見え見えの当然の狙いに、容易く嵌ったように思います。

これで今井投手が一気に立ち直ってしまった感じです。

サンタナ選手、以前から感じられるのですがあまり試合展開・状況を考えないところがあります。

どちらかと言えばただ来た球を打っている感じ。

今少し状況、相手の狙いを考えることが必要なのではと思うのですが。。。とは言えこのスタイルで遣って来たのですから今更とも思います。

やはり5番よりは7番あたりで、たまの一発をが良いと感じます。

好投した小川投手でしたが、唯一の失敗があります。

村上選手のホームランで点差が広がった直後のイニングの山川穂高選手の7号ソロホームラン。

すぐに詰められたところは終盤を考えれば非常に痛かった。

清水昇投手6月5日続く清水昇投手はとても良い内容でした。

ホームランを打たれやすいタイプなので心配しましたが、丁寧に投げ、打者3人を5球で終わるという、ベストリリーフでした。

この時点で、ほぼ勝ったと思ったのですが。。。

マクガフマクガフ投手、悪い面がもろに出た感じでした。

慎重さに欠ける入りでいきなり同点ホームラン。

明らかに一発狙いに対して簡単にストライクを取りに行って甘く入っての結果です。

どんどんストライクを取りに行くタイプですから、まあここまではあっても仕方ないとしても問題はそのあと。

集中力が切れた感じで簡単に安打、逆転ホームランを許してしまいます。

同点にされたところで諦めたとも感じる投球でした。

従来からあまり粘り強くは無い感じで、結果にあまり捕らわれないイメージが強く、これは長所であり短所にもなります。

今は石山投手の不調でクローザーの位置ですが、信頼の置けるクローザー(絶対守護神)となるには今一つかもしれません。

ただ、石山選手不在の中、今まで失点をせずに頑張って来ました。

この試合は忘れ、切り替えて今後もまた失点0で乗り切って欲しいと思います。

9回を除けば良い緊張感で試合が過ぎていきました。

レディースデーレディスデーということで、レインボーカラーのユニを着用の女性が来場し、華やかでした。

そんな中で、村上宗隆選手17号ホームラン

リーグホームラン単独首位更新中です。

ホームランの詳細は村上宗隆選手 ホームラン記録 2021に加筆してありますので、よろしければご覧ください。

村上17号

村上17号 出典ヤクルト公式サイト

まだ本調子では無いものの、1回にはセンターへのタイムリーで2打点、ホームランと合わせ3打点を上げました。

ここの所ヒットはホームランのみという、ある意味困った数字でしたが、これで普通のヒットも出たので、本人楽になったのではと思います。

1-2塁間を破る彼らしいヒットはまだですが、ほどなく見ることができると確信します。

高梨裕稔さて、今日は西武との最終戦。

高梨裕稔投手が登板します。

二軍でうまく調整できたのか気になるところです。

いつも6回になるとスタミナや集中力が途絶えるので、それが解決していれば勝ちが見えると思います。

期待して観戦するとします。

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年6月5日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 53 33 18 2 .647 0.0
2 巨人 57 28 20 9 .583 3.5
3 ヤクルト 54 25 22 7 .532 2.5
4 中日 56 23 24 9 .489 2.0
5 広島 49 18 25 6 .419 3.0
6 DeNA 58 18 32 8 .360 3.5