「村上 最年少100号に意欲」のニュースにニンマリ  来季 清原越えなるか!

昨日村上選手の目標を、3割・30本・100打点はベースで、是非松井秀喜の1シーズン50本を目標に掲げてほしいといいました。

あれは、こちらの勝手な妄想のようなものなのですが。。。

なんと、今日のニュースで「最年少100号」の記録に意欲を示しているということで、ニンマリ。

村上27・28号201107

村上宗隆選手は、入団から3年間で計65本塁打を打っています。

高卒で3年で65本塁打は素晴らしい数字なのですが、ということは後35本で100本

なるほど、その記録の方がまずは狙いやすいですね。

既に2019年は36本を打っていますから、35本は既出の数字

経験がありますから、射程距離内です。

十分狙えると思います。

特に村上選手は2月2日生まれです。

21歳9か月は、もうシーズンオフですから、1シーズン丸々使って35本を打てば良い

清原和博選手が持つ21歳9カ月を抜く最年少での到達は、夢ではありません。

村上18号

「若さが持ち味なので、狙える記録は全部狙いたいなと思います」と述べているそうで、心強い限り。

今シーズンでは打率の上げ方を学び、3割を実現しました。

来シーズンは、それを踏まえつつ、本来のホームランバターとしての真骨頂を見せて欲しい

是非、最年少100号の記録を塗り替えて欲しいと思います。

清原越え。。。来季の楽しみが増えるw