10/7 中日大野に決めの一打が出せず、ずるずると5連敗

10月7日

ヤクルトスワローズ  1-4  中日ドラゴンズ

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 6 0
中日 0 0 2 0 0 1 1 0 X 4 9 0

2カード続けてスイープされ、勢いなく5連敗となりました。

それにしても、このところ全く勢いが感じられず、何だか簡単に負けで終わっています。

順位は順位として、今後の為にももっと覇気が欲しいものです。

石川雅規投手先発、石川雅規投手

少し制球が甘く高めに入り良い出来ではありませんでしたが、そこは培った上手さで5回2失点

試合は作れていました。

ただ相手が大野雄大投手ですから先行される事は避けたかったところです。

その意味では、初回の得点機を逃したところは大きかったと思います。

大野投手クラスでは中々甘い所には来ません、

打席で一球有るかどうか。

これを確実に打たないと。。。

この回の西浦選手の打席が正にそれでした。

2球めの甘い球(唯一の甘い球)を捉えぞこね結果三振

犠牲フライで先制の状況でしたが、これを捉えれなかったところに今の縮図を感じます。

決めの一打が出ず、大野投手の攻略はできませんでした。

大野雄大投手好調の大野投手ですが、この試合は出来としてはそれ程良いとは思えませんでした。

少し制球が思い通りでは無いように見えました。

攻撃も全体としての戦略は見えてきません。

数を投げさせ早めに降ろす考えもあって良いと思います。

実際何人かは結構粘れていました。

「先発」と「勝ちパターン継投」の間を作るは好投手攻略の基本ともいわれます。

7回からは安定した3枚(福、祖父江、マルティネス)が来ることは明らかですから。

その意味では、簡単に追加点を許した、梅野・マクガフ投手の結果は頂けません。

2点差を4点差にしてしまいました。

勝パターンの救援陣に、余裕を与える結果になりました。

2点差で終盤であれば一人の出塁でもプレッシャーが違いますが、4点差ではこれでほぼ決まりに。

成長が期待される梅野投手ですが、昨年と変わらずステップアップ出来ないでこのまま今年も追わりそうです。

ここ一番に弱い現状では良いストレートの持ち腐れで終わってしまいます。

8回に山田哲人選手の12号ソロホームランが出ました。

この試合唯一の得点となり、タコを免れました。

山田12号201007

山田12号ソロ 出典ヤクルト公式サイト

返す返すも、2点差であればこのホームランでわずか1点差まで詰め寄ることができます。

緊迫しますと焦ってエラーで1点が入ることもあり、ヤクルトの士気が上がります。

残念ながら点差があったので、平凡に終わってしまいました。

一日休んで、広島でのカープ戦。

苦戦必至です。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年10月7

中日ドラゴンズ       4-1       東京ヤクルトスワローズ ナゴヤドーム
読売ジャイアンツ   3-6 横浜DaNAベイスターズ 東京ドーム
広島東洋カープ        9-3  阪神タイガース マツダスタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年10月7日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 92 58 30 4 .659 0.0
2 阪神 93 45 43 5 .511 13.0
3 中日 94 44 45 5 .494 1.5
4 DeNA 95 44 46 5 .489 0.5
5 広島 92 37 46 9 .446 3.5
6 ヤクルト 92 34 52 6 .395 4.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする