8/16 山田復調し、前日ノーノ―の勢いのまま苦手の横浜平良を攻略。好投山中、2年ぶり勝利す。

8月16日

ヤクルトスワローズ 7-4 横浜ベイスターズ

R H E
ヤクルト 1 0 1 4 0 0 0 1 0 7 13 1
横浜 1 0 0 1 0 0 1 1 0 4 10 0

正直、前日の勢いは有るにしても、なにせ全く手も足も出ない苦手な平良投手相手です。

劣勢は免れない思いでした

が、終わってみますと、対策が功を奏し勝利。

目に見えぬ前日の勢いがあり、良い感じでゲームを支配出来ました。

先発山中浩史投手

山中投手1勝

丁寧な投球で1勝の山中浩史投手。 出典ヤクルト公式サイト

初回は低めに決まらず制球も悪い状態で暗雲が立ち込めました。

どうなるかの状態でしたが、何とか粘って修正して、最小失点で切り抜けました。

以降は調子を取り戻し 5回2失点で試合を作った内容でした。

正直相手が平良投手では失礼ながら勝ち目は少ないかと思ってました。

山中投手はピッチングも丁寧に投げているのですが それ以上に4回の返球悪送球でのバックアップなど堅実(基本通り)な動きをしています。

フェンス際までバックアップで更なる失点を防いでいます。

また4回の攻撃では粘って四球で繋いで4点のチャンスメイクに貢献しています。

平良投手に取ってこの四球は本当に痛かった。

降板の原因とも言える四球でした。

勝利投手を自身で引き込んだ良い活躍でした。

言い方は良くないのですが、愚直にプレーしている姿は好感が持てます(昭和世代には・・)

平良拳太郎投手平良拳太郎投手

今までとは異なり球が高めに浮く。。何時もの低めへの制球がなくボール先行。

カウントを悪くしてストライクを取りに行かざるを得ないという状態。

全く自身の投球スタイルからかけ離れた調子でした。

今シーズン初めて見る調子の悪さは、前日の際どい投球が外れて崩れた今永投手を見る思いでした。

開幕から2ヶ月間。

順調にローテーションを守ってきたわけですが、まあたまにはこんなこともあるかと思います。

疲れも出る頃かなぁと。

山田哲人選手

なんと、3安打3打点と勝負ところで力を発揮。

盗塁まで成功。。。刺されない王道の盗塁を久しぶりにみました。

山田3打点

山田選手3安打3打点の活躍 出典ヤクルト公式サイト

復調のきっかけとなりそうですが、ベンチに戻った様子は 暑そうで苦しそうにも見え かなりきつそうな感じでした。

他の選手に比べバテた様子が際立つのは心配なところです。

精一杯プレーをしたということかもしれませんが。。。

今日は1日休めるので、休養して欲しいですね。

ところで、青木選手が横で「座ったつば九郎のぬいぐるみ」の頭をポンポンやっていじっていました。

その姿が、ツイートもされていて、思わず笑ってしまいました。

あれ、「スワ九郎」っていうんですね。

「お座りつば九郎」が正式名称ですが、つば九郎のブログでは「スワ九郎」と呼んでいます。

ビジターにつば九郎は帯同しないので、ちゃっかりベンチで応援している姿が良かった。

お守り代わりに我が家にも一つ用意しようかと、奥さんが言っておりました(笑)

公式サイトで販売しています。画像のスワ九郎は楽天のものですが、送料無料なので奥さんはこっちをと。。。

明日からは神宮。

休みを1日挟んで9連戦です。

本物のつば九郎が、ふてぶてしくもお茶目に応援するのを見ることができますね。

まずは中日。

この勢いを保って勝利して欲しいものです。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年8月16

横浜DeNAベイスターズ  4-7    ヤクルトスワローズ 横浜スタジアム
読売ジャイアンツ      1-4    中日ドラゴンズ 東京ドーム
阪神タイガース      2-2   広島東洋カープ 京セラドーム大阪

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年8月16日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 47 27 17 3 .614 0.0
2 DeNA 50 25 23 2 .521 4.0
3 阪神 48 22 23 3 .489 1.5
4 ヤクルト 48 21 22 5 .488 0.0
5 中日 51 21 26 4 .447 2.0
6 広島 48 19 24 5 .442 0.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする