8/10 横浜DeNAラミレス監督 対阪神戦を「オープナー起用」で乗り切る

8月10日

ヤクルトは試合お休みでした。

日程の関係でこの時期有難い2連休です。

今シーズンは日程がタイトで、本来なら9月後半にある不規則な間隔がこの時期に出来てしまった様です。

これも今年を乗り切る上で上手く使う必要がある事象。

逆に 9連戦となったDeNA。

本来休みのローテーションの谷間で、「オープナー」として中継ぎの武藤祐太投手を持ってきました。

3回1失点ですから成功と言って良い結果でした。

引き続き、これも中継ぎの国吉佑樹投手を3イニングと結構引っ張る継投。

リードを保ったわけですからこれもOK。

リードしているのでここからは勝ちパターンの継投

典型的な「オープナー」での勝パターンでした。

オープナーというのは、「本来リリーフ起用される投手が先発登板し、1,2回の短いイニングを投げたのち本来の先発投手をロングリリーフとして継投する起用法」を言うわけですが、日本でやることは少ないのです。

横浜DeNAベイスターズは、昨年4月にオープナーとして中継ぎの国吉投手が先発で登板し、散々でした。

日本では先発・中継ぎでは練習メニューが違いますし、メンタルの部分でも切り替えは難しいようです。

ですが、今回はやむに已まれずの起用だったのでしょう。

ラミレス監督ラミレス監督は、昨年のオープナー起用失敗のリベンジを見事果たした形になりましたね。

変則日程となり不測の事態でローテーション通りにはいかなくなる可能性の高い今年は、「オプナー」を上手く使うことも重要かもしれません。

さて、ヤクルトは今日も試合休み

他球団の試合でも見るとしますか。。。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年8月10

ヤクルトスワローズ と 読売ジャイアンツはお休み
横浜DeNAベイスターズ  2-2  阪神タイガース 横浜スタジアム
広島カープ        1-5   中日ドラゴンズ マツダスタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年8月10日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 42 24 15 3 .615 0.0
2 DeNA 45 24 19 2 .558 2.0
3 ヤクルト 43 19 19 5 .500 2.5
4 阪神 43 19 22 2 .463 1.5
5 広島 43 18 21 4 .462 0.0
6 中日 46 17 25 4 .405 2.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする