7月2日 ヤクルト 広島に打ち勝ち勝利! 西野ホームラン、西浦2本ホームランときて、最後は村上サヨナラ満塁ホームラン!

7月2日

ヤクルトスワローズ  9-5  広島カープ

いやー 驚きました。

前日は守り勝で、この試合は打ち勝った勝利となりました。

正直3回の4失点で、今日は駄目とあきらめて、「まぁ、1勝したからいっか。。。」などと自分を慰めていましたが。。。

わからんもんですなぁ

まさかの攻め勝ちで終わるとは。。。

イノーア投手先発、イノーア投手

初回は「今日は安心」の内容でしたが、2回は別人の内容。

自滅の感でしたが満塁で打者が投手で辛うじて抑えました。

そのまま3回、上位打線ですから持つはずもなく「ぼろぼろ」。

よく4点で終わった感じでした。

2回には全く球が動かなくなる 明らかな調整不足(投げこみ不足)の状態。

ローテーションから外して再調整が必要なところです。

星知弥投手2番手 星知弥投手

ちょっと危なっかしくはありましたが、3回を1失点(守りのミスもあり)で試合を作れた感じです。

まずは荒れかかった試合を落ち着かせた点は評価出来ます。

少し中継ぎで結果を残し、飛躍したい年ですね。

石山泰雅投手クローザー、石山泰稚投手。

前日のセーブで落ち着いたか本来の姿に戻りつつある感じです。

。。。一安心(ホッ)。

打線です。

西田明央捕手このところ出番が無かった西田明央選手

取られた後すぐに取り返すホームラン。

貴重な一発でした!

久しぶりの捕手の守りも何とかこなし、穴の捕手に立候補の感じです。

打力は他の3人(嶋、古賀、井野)よりは上ですから、空きが無いファーストよりは捕手で使う方がチーム事情にも合っていると思います。

大きなチャンスになるかも・・・

西浦直亨選手絶好調西浦直亨選手

こんなに長打力があったとは・・・ もう5番定着の感じです。

使わない理由がありません。

2ホームランで大活躍でした。

最後の良いところを村上選手に持って行かれましたが、彼のホームランなしにはこの試合は勝てませんでした。

こうなると、不振の雄平選手を外し、外野を青木、坂口、山崎選手とするのも手かもしれません。

青木宣親選手攻撃ではやはり「ここは」で結果出す青木宣親選手

チャンスメイク・タイムリーには必ず絡んで来る感じで、特に村上選手の前というのも大きく機能しています。

彼の勝負へのこだわりが、チームを引っ張っていると思います。

村上宗隆選手村上宗隆選手

今年は大きく成長し、4番の貫禄、結果十分。

何処まで打つかほんと楽しみ

20歳と5か月でのサヨナラ満塁ホームランは、王貞治(現ソフトバンクホークス取締役会長)に次ぐ「若年歴代2位」だそうです。

打った瞬間ホームランと分かる打球で、いわゆる「確信歩き」でのランニング。

ヤクルトベンチに向かって大きくバットを掲げたポーズには感動しました。

このまま飛躍して、あの「確信歩き」のポーズを見せてほしいものです。

広島は長期遠征の最後で少しお疲れなのか?

とは言え全員が打ってますから決して悪い状態ではなく、そつなく上手く(確実に得点は重ね)攻めています。

この試合は4HRで一気に持っていかれた感じですね。

九里亜蓮投手先発の九里亜蓮投手

順調な投球でしたが、逆に4点をもらってを意識し、長いイニングを考えたのでしょうか。

直後に一発を浴び、流れを完全に引き寄せれませんでした。

変化球中心で「かわし」にかかった感があり、

4回、好調の打順に捕まってしまいました。

4点が逆に仇になった感じがあります。。。中々難しいものです。

広島相手に、五分でと思った処が思わぬ連勝。。。ラッキー!

貯金が1になりました。

次のDeNAでも勝ち越したいところ。

今夜は石川投手。

勝ちたい・・・いや、勝たせたい。。今度こそ