オープン戦結果 対ソフトバンク ルーキーの力試し

オープン戦結果

2020年3月4日 ヤクルト 1-8 ソフトバンク

オープン戦ではありますが、今年もソフトバンクは強そうです。

移籍した、バレンテインは犠牲フライと四球。

しっかり仕事している感じです。

ヤクルト、ルーキー3投手(吉田大喜、杉山晃基、大西広樹)が登板しました。

前回メロメロだった杉山晃基投手ですが、今回は少し存在をアピールできる内容で結果も残した感じです。

156キロを記録、ヤクルトに少ないパワーピッチャー的な素材なので、この好投は大きく感じました。

パワーピッチャーの宿命か、制球はあまり良くないようですが。。。

前回先発して良い結果だった吉田投手

続けては上手く行かず苦い思いの内容です。

制球が今一でこのタイプは制球が定まらないと苦労しそうです。

大西投手も、いささか力不足かな。

5回裏に登板。

スタートこそ三振を取りましたが、あとはボコボコとプロの洗礼を受けました。

後、気になったのが嶋捕手です。

相手がパリーグでは弱点を見透かされて、2盗塁を許す結果になってしまいました。

まあ、投手の問題も在るとは思いますが、やはりここを突いて来ます。

あまり収穫は多くない内容でしたが、ルーキーにとってはマウンドに立つ数少ない登板の機会です。

プロの厳しさを知ったという意味では、収穫となるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする