息切れかも…好調維持は難しいですな。最後の近本選手のホームランが痛かった

8/8 ヤクルト阪神タイガース 3戦目 神宮球場

3:5 でヤクルトの負け

やっぱり 続かないものです。

昨日までの上り調子は続かず、先行するも逃げきれませんでした。

太田賢吾さんビックリのホームランで先制しました。

4回の好機は逸しましたが、5回もあわや好機を逸するかのところ、さすがしぶとい青木宣親選手のタイムリーで引き離したまでは 好調さを感じさせました。

いけるのでは。。なんて思っちゃったし。。。

先発山田大樹投手

序盤のピンチを何とかしのぎ、中盤安定で関門5回を乗り切ったのですが、6回ガス欠か?

「この回まで」との気分的なものか、球が浮きだしあっさり逆転されてしまいました。

どうも80球あたりで息切れ(3巡目でもあり) このあたりが大きな課題か・・・

結果論ではないですが、最後に五十嵐投手を持ってきた継投の理由がよくわかりません。

リードが大きく状況は違うとはいえ、前日打たれてかなり捕らえられた感じでしたから、連投はどうだったのでしょうか。

ハフ、マクガフは使えないとしても、HR,エラーなど1点差ならばなにが起こるか考えますと、 若手で失敗したかも知れないですが 選択には疑問です。

阪神 糸井嘉男選手は、元気ですね~

年令は、青木さんと同じくらいかと思いますが、

足も衰えていないし 完全にキーマンです。

近本光司選手は最後に一発で止め、リードオフマンとしては申し分ない数字です。

さて村上宗隆選手と新人王争い。

タイプは全く別で評価は難しいのですが、最後までもつれそう・・・楽しみですね。

今夜から読売ジャイアンツと、東京ドームで戦います。

阪神戦で最後は負けましたが、全体的に調子は上がってきている感じです。

予告先発は、小川泰弘投手。

頑張って勝利してほしいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする