シーソーゲームでしたが。。。あれって、采配ミスじゃないですかね?

7/20 ヤクルト 阪神2戦目

シーソーゲームで ハラハラドキドキでしたが、細かなミス(誤算)で惜敗でした。

それにしても 阪神 近本光司選手は、オールスターでのブレイクそのままに好調ですね・・

終盤の勝負所で きっちりの働きで 殆ど彼にやられた感じです。

村上宗隆選手と新人王争い。

タイプが違いますが 中々見ものかも?

6回、青木宣親選手が口火を切る形で逆転の処は良かった!

やはり 攻撃の局面打開、頼りになるのは 青木さんですね

問題はこのあとです。

6回裏の阪神の先頭からの好打順のピンチを何とかしのいだ後のこと。

7回の攻撃 ラッキーな内野安打の廣岡大志選手で一塁へ。

小川泰弘投手がバントの展開で不可思議な盗塁。

バント体制のファーストがベースを離れる所を突こうとしたようですが 、如何せんスタートのタイミングをミス

また バッターが投手でもあり、空振りや見送りをも想定した走塁(単独で行くつもりの)をせず、流れを狂わす自滅の内容で 展開に水を差すプレーでした。

そもそも 余り器用(走塁センス・経験)とは思えない彼に このサインを出したベンチも不可解です。

走り自体も懸命に走った結果には見えず ・・・不満だなぁ

ここから 嫌なムードが始まりました。

このあと山田哲人選手にヒットが出ている点も皮肉です。

此れを引きずったのか、8回裏の阪神に対し小川泰弘投手の続投も不可解です。

上位打線のこの回 球威、制球が落ち始めた小川さんを引っ張る展開は極めて疑問。

7回まで投げてくれれば御の字ですよ

案の定 3連打で同点となり、1・3塁でやっとブルペンが ・・

ここまで勢い付けられたら どうにもなりません・・・逆転されてしまいました。

私つばめ一筋的には納得行かない采配でした。

・・・結果論かも知れないけれど 同じ結果でも悔いが残る内容

今夜は3戦目、気を引き締めて勝ってほしいと思います。

BS放送もないので、例によってタブレットのDAZNで観戦中。

CMがなく会場の雰囲気がわかっていいのですが、

それにしても甲子園、応援の声の大きさが半端なくて。。。ファンもやるもんですなぁ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする