本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。

投手陣ボロボロ、打線も思うようには繋がらずで敗戦 一番の「困った」はサンタナのアクシデント!

西川3安打1打点の活躍 出典ヤクルト公式サイト2024/07/05 プロ野球・ピッチャー
西川3安打1打点の活躍 出典ヤクルト公式サイト2024/07/05

7月5日 対  東京読売ジャイアンツ  神宮球場にて  東京シリーズカード初戦

 

投打ともに冴えない内容でした。

投手陣ボロボロで、何とも不甲斐ない状態です。

試合にならずでした。

またもや見る価値なしと愚痴りたくなる自分がいます。

 

西川選手の猛打賞や山田選手のホームランなど、一部盛り上がりはありましたが、全体としては中身の薄いものになってしまいました。

虚しいなぁ・・・

 

7/5 横浜DeNAベイスターズ 対 東京ヤクルトスワローズ

R H E
巨人 4 0 1 0 0 0 2 0 3 10 18 0
ヤクルト 0 1 0 0 0 1 1 0 0 3 8 2

・ヤクルト本塁打      山田哲人  6号 ソロ(6回)

・巨人本塁打       丸佳浩  6号 ソロ(7回) 岸田行倫  3号 3ラン(9回)

ヤクルト 小川泰弘、石山泰稚、清水昇 – 中村悠平
jジャイアンツ新ロゴ 戸郷翔征、中川皓太、Hケラー、バルドナード、船迫大雅 – 岸田行倫
西川3安打1打点の活躍出典ヤクルト公式サイト20240705

西川3安打1打点の活躍 出典ヤクルト公式サイト2024/07/05

 

先発小川泰弘投手

先発小川泰弘投手

制球、キレ諸々全くでした。

結果、試合も作れずボロボロ状態で、初回で早くも決まった感じでした。

辛口の言い方ですが、中身なしで見るべきところないと思ってしまいました。

初回、3連打に四球、タイムリーなどで一挙4点を進呈し、打者8人、球数34球といったありさまでした。

降板後ベンチで特に悔しそうな表情もなく和んでいましたので、個人的にはそれが残念でした。

まぁ、悔しい気持ちを隠して、表情に出さなかったのかもしれませんが、そんな様子が映し出されますとファンとしてはがっかりしてしまいます。

これでは次に期待はできずで、今季は当てにできないと感じてしまいました。

出遅れから以降、しっかり作り直しができていません。

6月5日の西武戦で勝利し、少し良くなるのかと期待したのですがいけません。

こんな感じで今季は終わると思います。

登板しても5回が精々で、少なくとも4失点以上というところかと。

とてもローテーション投手とは言えない感じです。

年齢的にもそろそろかもしれません。

 

戸郷投手相手に初回4失点、ようやく1点を返したあと、すぐに失点で試合は決まりでした。

 

以降石山ー清水投手の継投でした。

12石山泰稚2024 17清水昇2024

共に全く冴えず、小川投手に輪をかける不出来でした。

制球が甘く尽く浮き気味では結果は見えています。

共にこれまで実績はありますが、共に節目を迎えています。

曲がり角に来ていることを証明する内容で、共に試合を壊してしまいました。

 

これまでも危惧していましたが、内容的に立ち直りは簡単ではない事を再確認した感じです。

流れ的に負け試合での登板でした。

言わば敗戦処理的な登板とならざるを得ないところに、今の立ち位置が現れています。

二人とも頑張ってほしいのですが、勤続疲労は簡単になくなりそうにありません。

 

 

打線。

全くつながらずで、相変わらずさえない感じです。

しかも唯一好調のサンタナ選手がアクシデント??

これにはお先真っ暗状態になってしまいました。

大した事がなければいいのですが、「困った!・・・どうする?」の気持ちです。

 

そんな中、西川遥輝選手

3安打1打点の西川遥輝選手

3安打の猛打賞に1打点と頑張ってくれました。

一人気を吐いて打ってくれたのが、ファンにとっては嬉しいことでした。

 

中村悠平選手も2安打1打点。

27中村悠平2024

この頃松本直樹選手がキャッチャーでいい具合に交代出場しており、適度な休養をもらえているのが良いのかもしれません。

 

また、戸郷投手と相性が良い山田哲人選手6号を打ちました。

山田6号ソロ出典ヤクルト公式サイト20240705

山田6号ソロ 出典ヤクルト公式サイト2024/07/05

山田選手のホームランが見られたのは良かったと思います。

 

それにしても、これでは最下位定住は避けられそうもありません。

戦力外候補目白押しでは、作り直しも3年では出来そうもありません。

何より若い芽にもう少し勢いを感じさせてほしいと思います。

丸山選手は二塁打、代打赤羽選手が四球出塁など、それなりに頑張ってはいるのですが、ひと頃に比べ、勢いは止まっているように見えます。

再建の道険し・・・デス。

 

今夜はカード2戦目。

ヤクルトの先発が高橋奎二投手、巨人はグリフィン投手と発表されています。

47高橋奎二2024 VS F・グリフィン

 

高橋投手、落ち着いて大人の投球を心掛けてほしいと思います。

相手はグリフィン投手・・・端から劣勢の感じです。

サンタナ選手がいないのは、傷口に塩を塗られるような気分です。

 

ま、愚痴ってばかりもいけませんから、この試合を忘れ、気分一新。

今夜を楽しみに待つことにしましょう。

弱いチームとわかっていても、ヤクルトファンは止められません。

 

プロ野球 セリーグ 試合結果 2024年7月5

東京ヤクルトスワローズ     10-3   東京読売ジャイアンツ 神宮球場
阪神タイガース        1-2    横浜DeNAベイスターズ 甲子園
中日ドラゴンズ        2-0    広島東洋カープ バンテリンドーム

 

プロ野球 セリーグ 順位表  2024年7月5

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 広島 74 38 32 4 .543 0.0
2 DeNA 75 39 35 1 .527 1.0
3 巨人 77 37 35 5 .514 1.0
4 阪神 77 36 36 5 .500 1.0
5 中日 77 33 38 6 .465 2.5
6 ヤクルト 76 32 40 4 .444 1.5

コメント

タイトルとURLをコピーしました