本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。

走塁や、エンドランミス、バントミス併殺と「一体どうしちゃったの・・・」と思う攻撃で敗戦

ヤフーレ6回2失点と試合を作る 出典ヤクルト公式サイト2024/07/04 プロ野球・ピッチャー
ヤフーレ6回2失点と試合を作る 出典ヤクルト公式サイト2024/07/04

7月4日 対  横浜DaNAベイスターズ  横浜スタジアムにて  カード最終戦

 

完敗でした。

「数年前苦手にした平良投手再び」の感じで、同じように手玉に取られて全く勝ち目が見えない展開でした。

 

横浜の守備によく守られた面はありますが、攻撃(走塁も)がしっかり出来ず、何かチグハグな感じでした。

 

7/4 横浜DeNAベイスターズ 対 東京ヤクルトスワローズ

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 7 0
横浜 0 1 0 0 0 1 0 1 X 3 8 0

・ヤクルト本塁打      なし

・横浜本塁打       なし

ヤクルト ヤフーレ、ロドリゲス – 松本直樹
DeNA 平良拳太郎 – 山本祐大
ヤフーレ6回2失点と試合を作る出典ヤクルト公式サイト20240704

ヤフーレ6回2失点と試合を作る 出典ヤクルト公式サイト2024/07/04

先発ヤフーレ投手

先発ヤフーレ投手

やはり時として制球が甘くなって高めに入りました。

これをしっかり打たれての失点でした。

本人は「なるべくボールを低く集めて、ゴロアウトをたくさんとる。そのピッチングスタイルは変えないつもり」と試合前に言っていたようですが、思うようには投げられなかったようです。

低めに投げてゴロをとることもある(ゴロアウトは7つ)のですが、安打された6本のうち5本が高め又はど真ん中となっていますので、本人の思いとは違っていたようです。

 

序盤、打線がミス多くしっかり攻めれられずでしたから、先制は避けなければ展開が難しくなる流れでした。

打たれると次も甘くで連打され、簡単に失点と粘れませんでした。

やはりこのあたりが勝ちに見放される事につながるのではと思います。

試合の流れを上手く作れない内容になっています。

 

6回2失点ですから悪いとは言えないのですが、最近は勝ちを引き寄せる内容にならずで、4連勝後6連敗と、完全に壁にぶつかったと感じています。

まずは先制を許さない投球をするしかないのでは?

後はやはりもう一段制球力を上げる必要があると思います。

まあすぐにどうにかするのは難しいですが・・・

 

それでも、悪いなりに6回まで投げましたので、継投陣を無駄に使わなくて済んだのは良かったと思います。

何とか制球力を上げ、甘くならない投球をしてほしいと願っています。

 

久しぶり登板のロドリゲス投手。

ロドリゲス投手

まだまだの感じでした。

軸のストレートの威力が、まだ昨年の状態に戻せていないと感じます。

7回は下位打線でしたので凌ぎ、三者凡退でした。

8回、1番梶原選手死球を与え、動揺したのかもしれません。

渡会、佐野選手に連続安打を打たれ、得点されました。

8回になってからの1点ですから、致命的ともいえる失点です。

 

変化球も含め成長できていない感じで、一軍での通用は難しいかもしれないと思いました。

もう一度試されるかも知れませんが、内容を残せるか微妙です。

 

試合は6回に追加点をされて、ほぼ決まりでした。

8回のダメ押しで楽にリハビリ明け平良投手の完封を許してしまいました。

平良拳太郎

打線。

全くでした。

 

序盤の立ち上がりを攻め、2回には村上宗隆選手が安打を打つも走塁ミスで走者なし。

安打も走塁ミスでセカンドアウトの村上宗隆選手

安打も走塁ミスでセカンドアウトの村上宗隆選手

 

続くサンタナ選手が安打で出るも、エンドランミスでまたもや走者を塁に残せず。

サンタナ選手安打で出るもエンドランミスで走塁死

サンタナ選手安打で出るもエンドランミスで走塁死

 

3回は松本直樹選手が安打で出塁するも、ヤフーレ選手のバントミスで併殺されチェンジ。

32松本直樹2024

 

走塁や、エンドランミス、バントミス併殺と、「一体どうしちゃったの・・・」と思う攻撃が続きました。

安打が出ながら、確りとした攻撃が出来ず、流れをつかみ損ねました。

 

これからまた平良投手を苦手としそうです。

これでまたビリに逆戻りです。

なかなか良いリズムを維持できません。

ズルズルとこの調子で今季は終わりそうです(はぁ~とため息が・・・)

 

そうはいっても何とかして欲しいと願っている自分がいます。

今日の試合は神宮で「東京シリーズ後半」。

東京読売ジャイアンツとの東京決戦が行われます。

 

2024TOKYO燕パワーユニホームを着用してのナイターで、生ビール半額ナイターだそうです。

 

6月21日からの東京ドームでの「東京シリーズ前半」は、2勝1敗でした。

神宮でも勝ち越してほしいものです。

 

先発はヤクルトが小川泰弘投手、巨人が戸郷翔征投手と発表されています。

29小川泰弘2024 VS 戸郷翔征投手

 

6月21日の試合では、戸郷投手相手に6安打し3得点を挙げて勝利しています。

流石に今度はそうはいかないかとは思いますが、チグハグな攻撃だけは勘弁です。

負けても納得できるような戦い方をしてほしいと思います。

 

もちろん勝ってほしいのですが・・・

 

プロ野球 セリーグ 試合結果 2024年7月4

横浜DeNAベイスターズ     3-0   東京ヤクルトスワローズ 横浜スタジアム
 広島東洋カープ        7-5    阪神タイガース マツダスタジアム

 

プロ野球 セリーグ 順位表  2024年7月4

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 広島 73 38 31 4 .551 0.0
2 DeNA 74 38 35 1 .521 2.0
3 阪神 76 36 35 5 .507 1.0
3 巨人 76 36 35 5 .507 0.0
5 中日 76 32 38 6 .457 3.5
6 ヤクルト 75 32 39 4 .451 0.5

コメント

タイトルとURLをコピーしました