本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。

サイスニード好投、村上激走のタイムリー内野安打、追い打ちサンタナの11号2ランで試合を決める

村上均衡を破るタイムリー出典ヤクルト公式サイト20240622-2 プロ野球・ピッチャー
村上均衡を破るタイムリー 出典ヤクルト公式サイト2024/06/22

6月22日 対  東京読売ジャイアンツ  東京ドームにて  カード初戦

 

投手戦を制せました。

投手戦は、好投の投手の後を引き継ぐ投手の所がポイントとなりますが、そこでの僅かな差が結果に出た感じがします。

 

6/22 東京読売ジャイアンツ 対 東京ヤクルトスワローズ

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3 8 0
巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0

・ヤクルト本塁打      サンタナ 11号 2ラン(8回)

・巨人本塁打       なし

ヤクルト サイスニード、大西広樹、H木澤尚文、S田口麗斗 – 松本直樹
jジャイアンツ新ロゴ グリフィン、高梨雄平、ケラー、平内龍太 – 岸田行倫
村上均衡を破るタイムリー出典ヤクルト公式サイト20240622

村上均衡を破るタイムリー 出典ヤクルト公式サイト2024/06/22

 

サイスニード投手が球数的にまだ行けるところでありながら、2死2塁の得点機でもあった7回に点を取りに行って、好投のサイスニード投手を降ろし、代打に青木選手を送りました

得点できずに終わりましたが、このことで大西広樹投手にスイッチします。

44大西広樹2024

7回のジャイアンツの攻撃。

大西投手は先頭の坂本選手を3球三振に斬りましたが、代打の立岡選手に安打され、1アウト1塁となりました。

チャンスの目が出かかったところで、エンドランのサインだが出たのだと思います。

代打秋広選手が三振

大西、秋広を三振に斬る

大西、秋広を三振に斬る

走った立岡選手が松本捕手に刺されて併殺となりました。

ワンバウンド投球を上手く拾い、セカンドにストライク送球で盗塁を防いだ松本直樹捕手の攻守でした。

これでヤクルトは流れを引き寄せたと感じます。

 

逆にジャイアンツは、チャンスをものにする為にグリフィン投手に代打を送りましたが、それが流れを失うもととなったように思います。

ヤクルトはグリフィン投手にほぼ完璧に抑えられていましたから。

 

グリフィン投手に代打を出したため、8回は高梨投手にスイッチしました。

高梨投手は、西川、丸山選手を打ち取り、2アウトまでこぎつけました。

3番、長岡秀樹選手も簡単に追い込みましたが、詰めで甘く入ってしまいました。

ど真ん中に入ってきた130㎞のスライダーを捉えて、ライトフェンス直撃の3塁打を打たれます。

長岡三塁打

 

サンタナ選手が控えているので村上選手勝負

村上タイムリー内野安打

村上タイムリー内野安打

村上選手は3回に安打を打って、少し気が楽になっていたのかもしれません。

 

打った打球が大きく跳ね、激走します。

ショートが懸命に投げましたが、滑り込んでセーフ。

村上激走で滑り込む

長岡選手が還って、先制得点がヤクルトに入りました。

 

打ち取った感じでしたが、大きくバウンドの好運な安打でした。

流れが来ていた感じです。

村上選手の執念を感じました。

どのような形であれ、チームに得点を入れ、勝利する」という思いが伝わってくるような激走でした。

 

ここで右へ継投(ケラー投手)します。

この試合グリフィン投手に全くで2三振に投手ゴロサンタナ選手

得点機を逃していて期するものがあったように見えました。

サンタナ追加点となる11号2ラン出典ヤクルト公式サイト20240622

サンタナ追加点となる11号2ラン 出典ヤクルト公式サイト2024/06/22

カーブを狙い撃ちの11号2ラン。

初球もカーブでしたがまったく反応せずで、カーブ連投をしたバッテリー。

ここはちょっと?

 

まあ嫌な形での失点後は、見入られたように甘く入る事がありがちです。

さすがに逃さなかったサンタナ選手と言えます。

ここの追加点2点は非常に大きいもので、これで勝負ありでした。

7回の併殺から一気に流れが押し寄せ、勝負が付いたように思います。

 

先発サイスニード投手。

先発サイスニード投手

好投でした。

実質勝ち投手と言えます。

相手が良くてツイていない訳ですが、内容的には良い出来でした。

サイスニード6回無失点の好投出典ヤクルト公式サイト20240622

サイスニード6回無失点の好投 出典ヤクルト公式サイト2024/06/22

球数的にはまだ行けるところ(6回85球)でしたが、なかなか好機も作れないところで点を取りに行かざるを得ない展開でした。

前回勝利したときと同じ松本捕手とのバッテリー

入念な打ち合わせをして臨んだように見えました。

松本捕手にとっても、成長のための大きな試合になったのではと思います。

 

大西投手に勝ちが付き4勝目

このあたりに勝ちがつくということは、終盤粘りが出て来ての勝ちと言うことです。

かつて、「木澤が投げると勝利」というジンクスが生まれ、2022年に9勝を挙げた木澤尚文投手がそうでした。

前年の2021年は7勝を挙げた今野龍太投手がそうでした。

継投ながらの多くの勝は、後半に逆転して勝利したという結果ですが、それが優勝に繋がりました

 

それを考えますと、チーム状態は上がってきています。

流れが一気に来たところで、しっかり木澤、田口投手が締め切りました。

20木澤尚文2024 34田口麗斗2024

簡単に終わらせ、快勝ムードで流れが維持できる感じがします。

 

打線。

長岡選手の調子がまた上がってきました。

2四球、1安打(3塁打)と、頑張っています。

 

村上宗隆選手。

村上均衡を破るタイムリー出典ヤクルト公式サイト20240622-2

村上均衡を破るタイムリー 出典ヤクルト公式サイト2024/06/22

 

まだまだですが、安打が2本出ました。

ホームランではなくとも、ここぞで激走し、タイムリー内野安打は鼓舞するに十分です。

 

浮足立ったところで、冷静に打ったサンタナ選手もさすがと感心。

サンタナ11号

 

全体にムードが上がってきていると感じます。

 

代打の川端慎吾選手にも安打が出ましたし、この試合も山田選手が交代なく最後まで守りました

盗塁を刺した松本直樹捕手は、犠打を成功させ、役割をこなしています。

代走の並木秀尊選手盗塁を決めています。

流れが来始めたように感じています。

 

今日はカード2戦目でデーゲームです。

あいにくの雨ですが、ドームですから問題ありません。

ヤクルトの先発がヤフーレ投手、巨人は菅野智之投手と発表されています。

99ヤフーレ2024 VS 菅野智之

次は菅野投手。

今季5勝と好調の菅野投手から点が取れれば、本物感が出ます。

流れがあるときにつかみとっておきたいものです。

 

プロ野球 セリーグ 試合結果 2024年6月22

東京読売ジャイアンツ     0-3   東京ヤクルトスワローズ 東京ドーム
 阪神タイガース          2-5  横浜DeNAベイスターズ 甲子園
中日ドラゴンズ           1-3      広島東洋カープ バンテリンドーム

 

プロ野球 セリーグ 順位表  2024年6月22

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 広島 63 33 26 4 .559 0.0
2 阪神 68 33 31 4 .516 2.5
3 DeNA 66 33 32 1 .508 0.5
4 巨人 68 31 32 5 .492 1.0
5 ヤクルト 66 29 33 4 .468 1.5
6 中日 67 28 34 5 .452 1.0

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました