本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。

レジェンド青木一発逆転3ランも敗戦だが、青木・塩見の復活は暗いムードを祓う起爆剤

3ランで生還の青木宣親選手 プロ野球・記録
3ランでNPB通算1000回目生還の青木宣親選手

勝ちきれませんでした。

やはりレジェンドは違うと感じさせられた、執念ともいえる気持ちの入れようでの青木選手の一発が出ました。

これで一気に形勢を盛り返したのですが、頼みの清水投手が守り切れませんでした。

この頃負けが続いて登板機会がなく、エンジンの懸かりが悪くなった結果、入りに失敗した感じです。

 

悪いムードを一変させた青木選手の一発を、ここまで課題の7回を木澤投手が好投で繋ぎました。

三者凡退の木澤尚文投手

久しぶりに勝ちパターンへの流れは良かったのですが・・・なかなか上手くいきません。

頭部死球の青木選手が戻れたこと、復帰の塩見選手も2安打と少し暗いムードを祓える感じもあり起爆剤となりそうです。

負けでしたが、気持ち的に少し上を向けそうです

 

7/28 広島東洋カープ 対 東京ヤクルトスワローズ 試合結果

R H E
横浜 0 0 2 1 0 0 0 2 0 5 9 0
ヤクルト 0 1 0 0 0 3 0 0 0 4 9 1

・ヤクルト本塁打      古賀優大 1号 ソロ(2回)青木宣親 3号 3ラン(6回)

・広島本塁打      宮﨑敏郎 15号 2ラン(3回)

ヤクルト サイスニード、H木澤尚文、清水昇、山本大貴、尾仲祐哉 – 古賀 優大
広島 東克樹、入江大生、山﨑康晃、Hウェンデルケン、S森原康平 – 山本祐大、戸柱恭孝

 

青木一時逆転の3号3ラン出典ヤクルト公式サイト20230728#

青木一時逆転の3号3ラン 出典ヤクルト公式サイト2023/07/28

 

先発サイスニード投手

先発サイスニード投手

序盤は球威、制球共に今一つで苦しい内容でしたが、何とか粘って試合は作れました。

中盤は本来の威力キレが出て安定。

これが青木選手の逆転の一発につながった感じです。

序盤の出来ではどこまで持つかでしたが、6回3失点まあまあの感じで安堵。

粘投してくれました。

 

打線。

思いもかけない古賀優大選手の一発。

古賀先制のプロ初ホームラン出典ヤクルト公式サイト20230728

古賀先制のプロ初ホームラン 出典ヤクルト公式サイト2023/07/28

プロ初ホームランです。

おめでとうございます。

終盤で四球も取って存在感は出せました。

ただ清水投手へのリードは少し課題ありと思います。

入りでストレートを試さず変化球ばかりで、調子を出させることに失敗した感じです。

折角のホームランが空砲に終わりました。

 

やはり不振のオスナ選手がブレーキです。

甘い球もミスショット、好球にも手が出ずで相当深刻な感じです。

現状駒不足で5番ですが、一試合くらい川端選手に無理をしてもらうのもいいかもしれません。

 

復帰の塩見泰隆選手

前日は途中交代で様子を見たのですが、この試合では最後まで出場し、マルチ安打を打ちました。

マルチ安打の塩見泰隆選手

無理はしないで欲しい、でも頑張っても欲しい勝手なファン心理です。

 

村上宗隆選手もこの試合は良かったと思います。

マルチ安打の村上宗隆選手

2安打、2四球で4度出塁しました。

神宮で調子を立て直してほしいと思います。

 

それにしても青木宣親選手

3ランで生還の青木宣親選手

流石です。

頭部死球を喰らったときはどうなるのかとかなり心配しましたが、「無事これ名馬」の手本のような強さに感服。

「打ったのはストレート。流れを変えたかったそれだけです」とクールなコメント。

 

この試合の3ランホームランで記録が出ました。

青木NPB通算1000得点達成出典ヤクルト公式サイト20230728

青木NPB通算1000得点達成 出典ヤクルト公式サイト2023/07/28

NPB通算1,000得点です。

ヤクルトでは若松、古田氏に続く快挙だそうで、おめでとうございます。

ジャスト1,000得点ですから、持ってる男を感じさせる一打でした。

打点はタイムリーやホームランでどんどん積み重ねることができますが、得点は出塁し最後ホームを踏んでやっと1得点の計上です。

自分次第で加算が出来る打点に対し、他人に打って還してもらうことが多い得点は中々簡単には積み重ねることが出来ません。

長く一線でプレーをしてこその勲章だと思います。

レジェンドの証ですね。

 

ブレイク明け。

スタートダッシュに失敗で、今季はこの位置から抜け出すのは難しい感じです。

先日大胆なトレードを行いましたが、来季に向けた構想を真剣に考える方向へ行くべきと感じます。

 

そういえば横浜のユニフォームを着た西浦直亨選手が代打で打席に立ちました。

横浜移籍後初打席の西浦直亨選手

長岡・武岡選手の台頭で一軍が難しくなっていましたので、良かったのではと思います。

元気に頑張って欲しいと思います。

 

今日の試合はヤクルト先発小川泰弘投手、横浜先発は大貫晋一投手と発表されています。

小川泰弘2023 VS 大貫晋一

前回久々勝利投手になった小川投手。

今回も丁寧な投球を期待します。

 

プロ野球 セリーグ 試合結果 2023年7月28

東京ヤクルトスワローズ    4-1   横浜DeNAベイスターズ 神宮球場
東京読売ジャイアンツ       1-2   中日ドラゴンズ 東京ドーム
阪神タイガース           6-9   広島東洋カープ 甲子園

 

プロ野球 セリーグ 順位表  2023年7月28日 試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 90 50 37 3 .575 0.0
2 広島 91 52 39 0 .571 0.0
3 DeNA 89 46 41 2 .529 4.0
4 巨人 89 44 44 1 .500 2.5
5 ヤクルト 89 36 51 2 .414 7.5
6 中日 90 35 53 2 .398 1.5

コメント