本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。

侍ついにアメリカ切符をつかむ 村上もタイムリーで笑顔

大谷選手と歓談する村上選手 プロ野球・試合結果

WBCでは準々決勝が行われ、イタリアと対戦しました。

大方の予想で、JAPAN有利でしたが、序盤は思うようにいかず膠着感がありました。

しかし中盤以降は日本のペースとなり、大差で勝ちを収めました。

個人的には、我がヤクルトの至宝村上選手が初タームリーを含む2安打を打ちましたので、ホッとして気が楽になり、気持ちよく試合を観戦できました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
イタリア 0 0 0 0 2 0 0 1 0 3 8 1
日本 0 0 4 0 3 0 2 0 X 9 8 0
準決勝進出でハイタッチのナイン侍ジャパン公式サイト20230306

準決勝進出でハイタッチのナイン(3名ヤクルトΣ(゚Д゚))出典侍ジャパン公式サイト2023/03/16

 

終わってみれば順当に勝ったわけですが、展開としては3回がキーでした。

 

初回のスタート、先頭打者ヌートバー選手の安打で、勢いがついたと思ったのですが。

第1打席先頭打者安打のヌートバー出典侍ジャパン公式サイト20230306

なかなか思い通りにいきません。

序盤、四球を絡めてチャンスは作るも相手投手に上手くかわされる、言わば膠着状態に持っていかれそうな内容でした。

 

大方の予想でJAPAN有利でしたが、膠着(攻めあぐみ)が続くと、日本は追われる立場イタリアは追う立場となっていき、心なしか焦りを生み出し始めていました。

 

3回、近藤選手が選球眼良く四球を取りました。

展開からここは何としてもチャンスを広げて膠着状態を打開したい場面。

次の大谷翔平選手がこの状況を的確に判断して100%確実なセーフティバントを決めます。

大谷三塁へのセーフテイバント出典侍ジャパン公式サイト20230306

大谷三塁へのセーフテイバント 出典侍ジャパン公式サイト2023/03/16

 

シフトの逆をついたわけですが、シフトを引く限りは当然あるリスク。

とは言えまさかあのオオタニサンがバントをするなど、さすがに予想外か慌ててエラーを誘いました。

日本は思わぬ効果で先制点へとつながりました。

エラーは想定外のラッキーで、まあシーズンならばやらないところですが、一発勝負のトーナメントではアリと思いますし、やってもいいと思います。

 

此れで一気に局面が動きました。

村上選手が四球で繋いで、岡本和真選手の一発で流れは完全に決まったと確信しました。

岡本片手でホームラン出典侍ジャパン公式サイト20230306

岡本片手で3ランホームラン 出典侍ジャパン公式サイト2023/03/16

 

大功労者の岡本選手は、1本塁打5打点の活躍に、

「なんとか勝ってアメリカに行きたかったので良かったです。皆さんで繋いで勝った試合です。本塁打については上手くバットに乗って良い形で打球を上げることができました。(今後に向けて)このメンバーと一緒にできる試合はもう少ないので悔いのないように頑張りたいです」とコメント。

 

打てない打てないと言われていますが、村上選手結構四球は取ってつないでいます。

出塁率、この試合終了で4割超えなのです。

やはり代名詞のホームランがないと、誰も満足してくれないレベルと言うことでしょうか。

この試合2本とも反対方向への鋭い当たりでしたから、そろそろ神始動の雰囲気です。

特に5回のタイムリーの1本はきっちり上がり、フェンスにほぼ到達の飛距離でした。

村上WBC初タイムリー出典侍ジャパン公式サイト20230306

村上WBC初タイムリー 出典侍ジャパン公式サイト2023/03/16

「チャンスで打てないことが多かったのですが初めてタイムリーが打てて良かったです。練習やトレーニングで試行錯誤をして、昨日“これなら行ける”という根拠や自信を持つことができました。逆方向に打球が飛べば良い状態なので感覚を掴むことができました。いろんな苦しみを久々に味わいましたが、多くのお客さんの前で戦い、あらためてやりがいを感じました。とにかく勝てるよう頑張ってきます」とコメントしています。

笑顔が戻って良かった!

 

吉田正高選手のホームランでダメオシでしたが、個人的には源田壮亮選手の安打に安堵しました。

吉田豪快なホームラン侍ジャパン公式サイト20230306

吉田豪快なホームラン 侍ジャパン公式サイト2023/03/16

先日の小指骨折で、WBCから離脱と思いきや「残る」と宣言。

とはいっても活躍はどうなのか、無理をしてひどくならないかなど心配をしていたものでした。

負傷の源田渾身のタイムリー侍ジャパン公式サイト20230316

負傷の源田渾身のタイムリー 侍ジャパン公式サイト2023/03/16

それを払拭する活躍。

守備でも相変わらずのスローイングを見せ、こうなってみますと「小指だから」何とかなったと思います。

薬指ならさすがにスローイングはきつかったのではないか、薬指に小指をくっつけてテーピングをすることで、うまく連動させたのかと。

 

とにかくよかった!

 

 

さて、投手陣。

先発は大谷翔平投手でした。

スタートからエンジン全開の気迫のピッチングで、これは選手やファンを強く鼓舞することとなりました。

大谷気迫の準々決勝出典侍ジャパン公式サイト20230306

大谷気迫の準々決勝 出典侍ジャパン公式サイト2023/03/16

 

かなり飛ばしていたので、流石の大谷投手も疲労が来たのか、5回につかまり2点を献上しました。

 

ここで伊藤大海投手にリレー。

2アウト1、3塁をショートフライで火消しに成功しました。

例によってロジンをパフパフさせながらです。

伊藤2アウト1・3塁をショートフライで火消し侍ジャパン公式サイト20230316

伊藤2アウト1・3塁をショートフライで火消し 侍ジャパン公式サイト2023/03/16

 

伊藤投手の後は6回に今永昇太投手

渾身の今永出典侍ジャパン公式サイト20230306

 

打者3人を11球、奪三振2の小気味よい投球で、無失点に抑えました。

今は味方だから良いのですが、シーズンに入ったら困ったもんです。

 

東京での最後の試合で、ダルビッシュ投手も登板しました。

大谷投手に負けず劣らずの気迫で、ホームランを1本打たれたものの安定の投球を見せてくれました。

エンジン全開のダルビッシュ侍ジャパン公式サイト20230306

エンジン全開のダルビッシュ 侍ジャパン公式サイト2023/03/16

 

といいますか、「メジャーに行ってからリリーフは初めて」という状態の中、踏んばってくれたと思います。

8回は守備に山田哲人選手が入り、ピンチの場面で4-6-3のダブルプレーでダルビッシュ投手を助けました。

山田選手らしい安定のキレイな守備に、ちょっと嬉しいヤクルトファンです。

 

9回、大勢投手ー中村悠平捕手バッテリーに代わり、キッチリ勝ちをもぎ取りました。

クローザー大勢投手

 

大勢投手は2安打を打たれたものの、その後キャッチャーフライ、セカンドゴロと中村、山田選手が処理。

ラストボールが中村捕手のミットに収まって三振となり、ゲームセットとなりました。

 

試合後大谷選手が、

「(投球について)最後はあまり良くなかったですが、それまではテンポ良く投げられました。一発を警戒しながら投げました。(セーフティーバントについて)あの場面、無理に引っ張ってダブルプレーが一番良くないと思ったので、そのリスクを排しつつリターンの大きいことをチョイスしました。(初めてのWBC5試合を終えて)素晴らしい声援をいただき毎日ワクワクした気持ちでプレーができています。独特の緊張感もあり特別なものです。気を引き締めて残り2試合も戦っていきたいです」とコメントしています。

気持ちは残り2試合に向かっていますね。

 

いよいよ準決勝のアメリカに乗り込みます。

 

尚、東京での試合を終わり、栗山監督

「勝ちきるということに加え、野球の生まれたアメリカで、そこで活躍する選手たちとどうしても戦わせたかった。勝負はまたここからだなという気持ちです。(大谷について)ずっと彼を見てきて、翔平らしさが出るのは“この試合、絶対勝つんだ”という試合で野球小僧になった時なんです。(ファンによる久々の声出し応援について)いかに皆さんの声援や思いが大きいかをあらためて感じました。恩返しするためにもすべてを出しきって勝ちきりたいです」

とコメント。

ここまで5連勝です。

如何に選手が良くてもそれだけでは勝てませんから、今後もうまく手綱を握り、最後まで駆け抜けて欲しいと思います。

 

侍ジャパンチームの面々は、時差調整もあって難しいコンデションとなりそうです。

後2試合、全員野球で乗り切れるでしょうか?

乗り切って笑顔で帰って欲しいと思います。

 

 

NPBオープン戦。

ヤクルトは神宮で阪神3連戦を迎えます。

今季の対抗馬相手ですからここはしっかりとした試合をしたいところです。

 

 

コメント