投手戦を制し小川8勝目。棚から牡丹餅の虎の子の1点を全員で守り抜き僅差での勝利

小川好投で8勝目 プロ野球・ピッチャー

9月18日  対  阪神タイガース

結果的には阪神に勝たせてもらいました。

逆には阪神が自滅でした。

「こんなこともあるんだ」の棚から牡丹餅虎の子の1点となり、それを守り抜きました。

 

9/18 阪神タイガース 対  東京ヤクルトスワローズ 試合結果

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 3 0
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 3

・中日本塁打    無し

・ヤクルト本塁打  無し

バッテリー

ヤクルト 小川泰弘、H久保拓眞、Sマクガフ – 中村悠平
阪神 藤浪晋太郎、浜地真澄、ケラー、湯浅京己 – 梅野隆太郎、坂本誠志郎

小川8回途中無失点の好投出典ヤクルト公式サイト20220918

 

 

先発小川泰弘投手

小川好投で8勝目

立ち上がり制球に苦しんでどうなるかの出来でしたが、ピンチを併殺で凌いで以降は徐々に立ち直りました。

8回途中まで無失点の好投でした。

前日のサイスニード投手に続いて(触発させたか?)先発が長いイニングをしっかり投げましたので、ドタバタした先発陣が少し落ち着いた感じです。

出遅れていましたがこれで8勝目。

投球イニングが規定投球回数を超えました。

ローテーションを守っている数少ない投手です。

 

 

ある意味小川投手以上に光ったのは2番手久保拓眞投手。

久保2球で火消し出典ヤクルト公式サイト20220918

このところはかなりきつい場面での起用が多いのですが、この試合も同点更には逆転もありの終盤の山場での登場でした。

2球で併殺と簡単に終わらせたところは圧巻でした。

粘られると厄介になる所をすんなり終わらせました。

あまり結果に拘らずベストを尽くしている感じで、緊張するところでも何か淡々と投球しているように思います。

逆に心強いところです。

ここへきて信頼度が急上昇ですね。

 

最後はクローザーのマクガフ投手でした。

マクガフ37セーブ目出典ヤクルト公式サイト20220918

前日打たれて勝利が引き分けになりましたが、前日投げたので肩は作られたかと根拠のない安心感がありました。

実際には最後までハラハラドキドキの展開でしたが。

 

先頭の糸原選手がワイルドピッチを振り逃げし、ノーアウト1塁。。。ヤバい

近本、大山選手を打ち取ることはできましたが、近本選手のセカンドゴロで走者は2塁に進んでしまいました。

続く島田選手にライト前に安打されます。

この時ライトは丸山選手でしたが、超前進守備だったこともあり、ワンバウンドだけでキャッチしすぐたのが大きかった。

そのため島田選手は2塁にいたにもかかわらず、ホームを踏めませんでした

丸山選手地味ですがファインプレーです。

 

2アウト1,3塁で佐藤選手を迎え、見ている方も緊張MAXでしたが、なんと三振。

マクガフ選手は37セーブ目を挙げました。

これは高津臣吾氏と五十嵐亮太氏の記録に並び、球団2位の様です。

球団1位はバーネット氏の41ですから、頑張れば到達できるのではと思います。

 

 

藤浪晋太郎投手は小川投手以上の内容でしたが、味方ミスと自身のミスで悔やまれる1失点で負けでした。

藤浪晋太郎

 

6回表、先頭の塩見選手がショートゴロをしてしまいましたが、なんと中野選手が悪送球

思いもかけず2塁に進塁します。

2番山崎選手が投手への内野安打の際、藤浪投手が悪送球をしたため塩見選手が生還。

棚から牡丹餅の1点が入りました。

得点は後にも先にもこの1点のみです。

阪神にとっては悔やまれる1点となりました。

 

この日藤浪投手はストレート、変化球ともによく安定感がありました。

なにせ2安打ですからね。

極端な暴投も影を潜め、ストライクゾーンで勝負をしました。

特に村上選手との攻防は素晴らしかった。

どちらも譲らずのいい勝負だったと思います。

ついにワンステップ上がった感じで来期は期待できそうです。

 

これで関心事は3位争いになってきました。

 

今日は台風の関係で試合は休みとなりました。

過酷な10連戦でしたが、4戦目が休みとなったので少し休養に当てることができます。

マジックが7になりました。

自力で消した1。

あと少し、頑張って欲しいです。

 

 

プロ野球 セリーグ 試合結果 2022年9月18

阪神タイガース       0-1   東京ヤクルトスワローズ 甲子園
東京読売ジャイアンツ    1-3   横浜DeNAベイスターズ 東京ドーム
広島東洋カープ      雨天中止  中日ドラゴンズ マツダスタジアム

 

プロ野球 セリーグ 順位表  2022年9月18日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 ヤクルト 131 74 54 3 .578 M7
2 DeNA 129 67 60 2 .528 6.5
3 阪神 137 65 69 3 .485 5.5
3 広島 137 65 69 3 .485 0.0
5 巨人 134 63 68 3 .481 0.5
6 中日 132 59 71 2 .454 3.5

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました