高橋奎二 圧巻の7回無失点。攻撃も手を緩めず横綱相撲を彷彿させる展開で勝利

3/26 阪神対ヤクルト 試合結果

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 0 4 0 0 2 6 8 0
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0

バッテリー

ヤクルト 高橋奎二、清水昇、田口麗斗 – 古賀優大
阪神 小川一平、渡邉雄大、小野泰己、湯浅京己、石井大智 – 坂本誠志郎

高橋7回無失点で1勝2022/03/26

3月26日  対 阪神タイガース

横綱相撲といった内容の試合となりました。

先発高橋奎二投手

高橋奎二

オープン戦はお試しが多かったのか、今一つパッとしませんでした。

大丈夫だろうかと思っていたものでしたが、全くの杞憂に終わりました。

この試合は昨年後半の高橋投手を髣髴させる、良いストレートを軸にした攻めの投球でした。

攻めの効果で阪神打線も早めの勝負

結果投球数も抑え93球8奪三振と、いい感じで7回までを投げ切りました。

終わってみると打たれたヒットは2本(近本、大山)のみです。

4番の佐藤輝明選手を、高橋投手が三振、セカンドゴロ、サード内野フライ、最後田口投手がショートゴロと完全に抑え込みました

佐藤選手を抑え込んだ意味は大きく、虎の牙を抜くことに成功したと言えると思います。

試合後のヒーローインタビューで、

「まだシーズン始まったばかりですけど、ここからいっぱい勝てるように頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします」とコメント。

高橋奎二ヒーローインタビュー2022/03/26

相手には先行されない」という気概が見える投球で、横綱相撲的な展開の立役者となってくれました。

先発が7回まで投げてくれるとブルペンも助かります。

この試合もう少し投げれたとも感じますが、まだ開幕したばかり。

ブルペン陣も少し楽なところで試運転と感じました。

清水昇投手、先頭からを簡単に打ち取って気持ちよく試運転。

清水昇

田口麗斗投手も、1四球を出したものの併殺で試合をクローズ

田口麗斗

前日は先発が早々に大量失点だけに、高橋投手の内容が光りました。

奥川投手とともに軸になるローテーション投手の順調な滑り出しが、この試合の最大の収穫でした。

阪神小川投手も良く踏ん張ってはいましたが、先発経験のなさが露呈。

6回のガス欠とも言える投球となってしまいました。

やはり少し力が落ちるとヤクルト打線はしっかり捉えます。

打撃

高橋投手の激走での内野安打で火を付けました。

高橋内野安打2022/03/26

青木選手お待たせの初安打で1アウト1,2塁。

青木宣親

山田選手はライトフライで2アウトになりましたが、村上選手は勝負してもらえずで四球で満塁(相手のパスボールがあって、ピッチャー心乱れたかも)

この後が好調サンタナ選手ですから・・・・無理に長打を狙わずヒット狙いは先制点が必要なだけに良い感じです。

サンタナ先制2点タイムリー20220326

この2点で終わるとまだ試合の流れを完全にモノにできませんでした。

ところが長岡秀樹選手

長岡秀樹

当たりは悪くともしっかり振ってポテンタイムリーヒット。

この3点めは大きく、昨日は一人蚊帳の外のオスナ選手がここは遅れじのしっかり逆方向へ打ち返します。

オスナ3安打

高橋投手の内容から決定的な4点目

これで試合の流れをを完全にしました。

9回も長岡選手安打出塁、オスナ選手1号でダメ押し。

オスナ3安打3打点1HR2022/03/26

ブルペンをさらに楽にしました。

この試合は高橋投手とのコンビがよかったので、最後まで古賀選手で行きました。

古賀優大

しっかり先制したこともあって、内山、濱田選手の出番はありませんでした。

見たい気はしますが、この内容では出しどころが無かった感じです。

ある意味良いことなのかもしれませんが。

開幕でスイッチオンのヤクルトでした。

個人的には、青木宣親選手にヒットが出てホッとしました(ファンですw)

3月27日の三戦目は高梨裕稔投手が先発します。

対する阪神は桐敷拓馬投手です。

高梨裕稔 VS 桐敷拓馬

ルーキーの先発でデータがほとんどないと思いますが、侮らず勝ち切って欲しいと思います。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2022年3月26

阪神タイガース          0-6     東京ヤクルトスワローズ 京セラドーム大阪
東京読売ジャイアンツ   7-5   中日ドラゴンズ 東京ドーム
横浜DeNAベイスターズ  5-10  広島東洋カープ 横浜スタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2022年3月26日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 ヤクルト 2 2 0 0 1.000 0.0
1 巨人 2 2 0 0 1.000 0.0
1 広島 2 2 0 0 1.000 0.0
4 阪神 2 0 2 0 .000 2.0
4 中日 2 0 2 0 .000 0.0
4 DeNA 2 0 2 0 .000 0.0