青木単独自主トレについて思うこと

話は少し前の事ですが、青木選手自主トレは単独で行うと話しています。

本来は若手などの育成を考えてグループとしたいところでしょうが、コロナ対策での判断と思われます。

良い判断と感じました。

新たな変異株の拡散が懸念される昨今を考えれば、やはり多人数でもし感染となればシーズン前に大きなハンデをチームにもたらします。

昨年はそのようなスタートでした。

出来るリスク回避はやはり行うべきです。

用心しても感染の可能性がありますが、「用心をしたしない」は基本的にこの状況下では重要です。

今季は公式戦のスタートでも感染に見舞われたヤクルト。

以降は管理の強化か影響は受けませんでしたが、緩みは禁物です。

青木選手以外を見てみますと、

1月ですが、山田、川端、中村、内山、元山、荒木、古賀選手と、小園(広島)、谷内(日本ハム)選手が愛媛・松山でという情報の様ですが、こちらは大所帯ですな

同じ愛媛・松山では、12月に川端選手と共に宮本・奥村選手がやっている最中だと思います。

普段のオフですともろ手を挙げて応援するところですが、まだ完全にコロナが収束している訳ではない現状を考えますと、複雑な気持ちです。

用心用心。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする