横浜京山にリベンジ 打線猛攻、新パターン田口継投で快勝

9月11日  対 横浜ベイスターズ

R H E
横浜 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 8 0
ヤクルト 4 0 1 0 0 0 2 2 X 9 12 0

ヤクルト サイスニード、H星知弥、H今野龍太、田口麗斗、大西広樹 – 中村悠平
阪神 京山将弥、池谷蒼大、砂田毅樹、伊勢大夢、櫻井周斗、風張蓮 – 山本祐大、戸柱恭孝

サンタナ11号

サンタナ11号 出典ヤクルト公式サイト

ジャイアンツを叩き調子上昇の感じのベーススターズだけに、苦戦かと思いました。

が、蓋を開けてみると投手陣好投。

打線も前回やられた京山投手を初回から打ち込んで主導権を取りリベンジを果たしました

良いところでダメを押して結果は快勝となりました。

神宮花火神宮球場に2か月ぶりに帰り、5回の花火がサプライズでした。

テレビ画面越しではありますが、勝利を願いながら心地よく見ることができました。

やはり神宮はいいなぁ

先発サイスニード投手

サイスニード

抜群の立ち上がりで序盤は危なげなく投げきり、初回からの大量先制点を生かして試合の主導権を握る内容でした。

中盤2つの併殺と反撃の芽を幸運もあって摘み取り、順調に5回は終了。

ただ3巡目となった6回に急激に調子が落ちたようであっさり2失点。

なかなか6回が鬼門となっています。

この試合投球数は多くは有りませんでしたから、どちらかと言えば3巡目が厳しい。

1回目より2回目とどんどん落ちていく感じです。

球威のスタミナ不足かな? とも思います。

とは言え 5回2/3で2失点ですから準クオリティ―とも言えますし、5回までと初めから考えればいいとも言えます。

2番手星知弥投手

星知弥

変化球でかわす感じでしたが、最後は覚悟のストレートがベストピッチ。

これを武器にすればパワーピッチャーとして良い中継ぎの切り札になれます。

期待できますね。

安定感の今野投手がこの試合展開で一番きついかった7回を抑えきって、4番手に田口麗斗投手

田口投手

配置転換の最初の登板でしたが、ここは期待通りの内容でした。

制球力不安定な坂本投手一枚の左の中継ぎ陣としては、極めて妥当(適材な)配置転換と思います。

高橋投手の成長で田口投手をブルペンに回した事で、ブルペン陣もかなり充実してきた感じです。

今季前半は先発で貢献し、腕を振ってくれましたが、中盤から捕らえられることが多くなってきた田口投手。

後半はブルペンで支えてもらえると安心で、有難い。

打線。

初回から良いつながりを見せて全体に調子が上がっている感じです。

まずは振れてきた村上宗隆選手

1回先制タイムリー他ヒット2本の猛打賞

村上猛打賞先制タイムリー

村上先制タイムリーと猛打賞 出典ヤクルト公式サイト

当たりが止まっていたオスナ選手にも10号と安打で打点3

オスナ

サンタナ選手11号と安打で打点3と貢献しました。

サンタナヒーローインタビュー

更にベンチに控えるメンバーも好調です。

この試合でも7回の好機で荒木貴裕選手が試合を決めるタイムリーといろいろな選手が活躍します。

ただこの試合で、坂口智隆選手が手首に死球は凄く痛い。

坂口死球

死球で倒れ込む坂口 出典サンケイスポーツ 撮影・斎藤浩一

自打球からようやく復帰でまた死球とは本当にツイていない。

不運としか言いようがありません。

坂口選手はこれからの競り合いでは必要な選手。

軽ければ良いのですが、直後の様子は相当悪そうで心配です。

次はこれまたジャイアンツを叩いたドラゴンズ。

油断はできません。

原樹理投手

原樹理

これまで同様のピッチングが出来るか。

安定感が試されます。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年9月11

東京ヤクルトスワローズ   9-2  横浜DeNAベイスターズ 神宮球場
東京読売ジャイアンツ   4-5  中日ドラゴンズ 東京ドーム
広島東洋カープ      1-4  阪神タイガース  マツダスタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年9月11日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 109 61 44 4 .581 0.0
2 ヤクルト 103 51 40 12 .560 3.0
3 巨人 110 52 43 15 .547 1.0
4 中日 110 43 53 14 .448 9.5
5 広島 107 42 55 10 .433 1.5
6 DeNA 109 41 54 14 .432 0.0