侍ジャパン劇的サヨナラ。宿敵アメリカに粘りで逆転勝

オリンピック決勝ラウンド  対 アメリカ

10 R H E
アメリカ 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 6 12 2
日本 0 0 2 1 2 0 0 0 1 1X 7 12 0

いかにも日本らしい野球で粘り続け、最後はタイブレークからの逆転勝ちでした。

対アメリカ勝利の瞬間

劇的サヨナラで試合を決めた侍ジャパン 出典侍ジャパン公式サイト

それぞれ持ち味を出してチームとして機能してきた感じがします。

このような試合展開では結構キーになるプレーが多く、そのすべてを上手くこなした訳ですからヒーローが多くなります。

試合を落ち着かせた千賀滉大投手

対アメリカ千賀滉大

6,7回を無失点の千賀投手 出典侍ジャパン公式サイト

10回栗林

タイブレークを無失点の栗林良吏投手

タイブレークを無失点で抑えた栗林投手 出典スポーツ報知 撮影・竜田卓

大野雄大

9回を無失点に切り抜けた大野 出典侍ジャパン公式サイト

良い繋ぎを見せた大野雄大投手

リードされて直ぐのホームランの鈴木誠也選手

鈴木ホームラン

鈴木やっと出た 値千金のホームラン 出典侍ジャパン公式サイト

土壇場でチャンスメイクの浅村栄斗選手

みえみえの状態での痺れるバントを綺麗に決めた栗原陵矢選手

一球でさよならを決めた甲斐拓也選手と・・・・まあ全員役割を果たしての勝利です。

サヨナラ打甲斐選手

サヨナラ打をを放つ甲斐選手 出典侍ジャパン公式サイト

アメリカ。

メンバー的にはベテラン+若手とトップで、フルメンバーでは有りませんでした。

それでもさすがに層は感じさせる力で、若手の経験の無さはありますがそれなりの形で頑張りました。

このメンバーで終盤までリードしていましたから。

もしも投手、打者に2,3枚メジャーレギュラーが入ればこうはならなかったと思います。

それにしても、オースティンは良く打ちますなぁ。。。ホームだしね。

マクガフも頑張っていました。

9回裏マクガフ

ヤクルトファンとしては、マクガフが打たれるのは困るし、サムライが負けるのもどうも。。。複雑な気分

まぁ、同点打止まりという良い落としどころだったかと思います。

やれやれ。。。

3試合でほぼ全選手が出場した訳ですが、これで大よその調子・適応が見えてきて今後の起用が固まってきたように思います。

ここまでの様子では、青柳、田中投手の調子からは次はほぼない感じに見えました。

この試合の収穫は、状態が心配された千賀滉大選手がまあまあ上々の出来であったこと。

そして、ようやく鈴木誠也選手に当りが出始めたところです。

これで以降の起用に目途が立ちました。

我らが村上選手、やはり今一つ調子が出ていません。

鋭い当りがなく芯で捉え切れていない状態で、オリンピック前のシーズンの状態を引きずっている感じです。

後半戦が心配なので、何とか立て直して欲しいです。

ただ、サード守備はとても良かった。

解説の宮本慎也さんがかなり褒めていたのは、聞いていて嬉しいものがあります。

守備が良いと打撃に繋がることが多いので、ここは一頑張り。

本来の打撃を取り戻し、チームに貢献して欲しいと思います。

山田選手

3試合終わって盗塁がもう3個。。走りますなぁ。

そういえばシーズン前半の盗塁数は3個

足の調子もあるのでしょうが、気持ちの問題も大きいような。

この調子でシーズン後半も走って欲しいものです。

次は今大会日本と並びフルメンバーの韓国。

ここが最大の勝負所です。

山本投手となるでしょうがさてどうなる