高橋快投、筋書き通りを演出した9回裏の攻防は左右の打撃職人川端・内川で技ありの勝利

7月9日   対 広島東洋カープ

ヤクルト試合結果

R H E
広島 0 0 0 1 0 0 0 2 0 3 9 0
ヤクルト 0 0 0 1 0 0 1 0 2X 4 8 0
バッテリー
ヤクルト 高橋奎二、H坂本光士郎、星知弥、吉田大喜 – 中村悠平
広島 玉村昇悟、H島内颯太郎、フランスア – 坂倉将吾、石原貴規

逆転に次ぐ逆転のシーソーゲームで緊張感がある良い試合となりました。

最後皆で繋ぎ続け、ベテラン2名がキッチリ決めて、勝利を引き寄せました。

内川サヨナラ

サヨナラ打を打った内川をチーム総出で迎える 出典ヤクルト公式サイト

高橋快投 ついに開花

先発、高橋奎二投手

7月9日先発高橋投手

前回は昨年に逆戻りかと思える出来でしたが、心配を払拭する実に良い内容の投球でした。

ピンチにも落ち着いて冷静に投げることが出来、初めの2試合を上回る内容でした。

遂に持ってるものを開花させた感じです。

鈴木誠也選手に1本打たれたものの、7回を105球、被安打7、奪三振9,与四球0、防御率2.66と、あっぱれな内容でした。

良かった3試合を自信に更に落ち着いたマウンド捌きが出来れば、ローテーションにしっかりと定着できそうです。

勝は残念ながら付きませんでしたが、大きな自信になった内容に違いなく、個人としてもチームとしても大きな成果です。

左のパワーピッチャーで制球も良いという、待ちに待った投手がようやくで期待大です。

広島玉村投手。

2年目とは思えない落ち着いた投球で制球を生かした内容は安定感があり大崩れはしない感じです。

高橋投手とは異なるタイプですが、安心感は上かもしれません。

結構球数を投げても変わらないので長いイニングも行けそうです。

8回リードの状況でベンチはセットアッパーに右に左、左に右投手と被打率重視のギャンブル的な系統を行いました。

結果的には裏目になり2日続いてセットアッパーが崩れる悪いムードとなりました。

守備でもデーター重視が目立つヤクルトですがこれはこれで一つの生き方です。

結果次第でやたらに言われますが。

圧巻の9回裏

9回裏の攻撃は正に描いた筋書き通りに進みました。

四球盗塁ヒット同点タイムリーバント故意四球決勝タイムリーと全てはチーム力の勝利!

中村悠平選手が選んで四球。。。僅差ですから先頭が出ることが大事

無警戒のところをついて代走の渡邉大樹選手が2盗。

これで一気に同点機になります。

追い込まれたサンタナ選手がしぶとくヒット。。最低進塁打でしたがヒットと最高の繋ぎ

ここで川端慎吾選手同点タイムリー

川端同点タイムリー

ここで同点を逃すと後の打者に重圧が掛かるところです。

最低犠牲フライでしたが同点タイムリーと最高の結果でした。

同点で無死1・2塁となり、これで勝の可能性が高くなりました

後は宮本丈選手がしっかり送って犠牲フライOKの状態へ。

ここで塩見泰隆選手故意四球

最後は職人内川聖一選手がらしさの逆転タイムリーヒットで締めくくり。

内川サヨナラ監督とハイタッチ

ここまで描いた通りに進むと怖いくらいの攻めでした。

それぞれが求められた事を100%行った良い攻めでした。

内川選手のしぶとい上手さも光りましたが、同点機に一発で決めた川端選手の今季の良さが際立った感じです。

つば九郎がブログで「うだいじんとさだいじん(右大臣と左大臣)」と書いていましたが正にその通り。

7月9日ヒーローズ

ひな壇の重要な位置の左右に座り、いざの時にさすがの働きをする打撃職人たちです。

この2人がいるヤクルト。。。今年は結果に表れています。

前夜の嫌な負けと8回の継投を帳消しにして払拭する逆転勝でした。

ナインの喜びは絶好調です。

山田と村上

勝利に飛び出す

7月10日先発予定

原樹理さて、小川泰弘投手がコロナになってしまい急遽呼ばれた原樹理投手が今日の先発です。

プレッシャー全開でしょうが、またとないチャンスでもあります。

気負いせず頑張って欲しいと思います。

広島は期待の新人三羽烏の1人、大道温貴投手です。

既に3勝しています。

新人と侮らず、キッチリ攻めて欲しいと思います。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年7月9

東京ヤクルトスワローズ  4-3  広島東洋カープ 神宮球場
阪神タイガース 4-1(雨天7回コールド 東京読売ジャイアンツ 甲子園球場
中日ドラゴンズ     3-1   横浜DeNA ベイスターズ バンテリンドームナゴヤ

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年7月9日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 79 47 29 3 .618 0.0
2 巨人 81 41 30 10 .577 3.5
3 ヤクルト 80 40 31 9 .563 1.0
4 中日 81 31 39 11 .443 8.5
5 DeNA 81 29 42 10 .408 2.5
6 広島 78 26 42 10 .382 1.5

オスナ7号

オスナ7号

鈴木誠也選手にホームランを打たれてしまった4回でしたが、その裏、オスナ選手が同点打を放ち、スコアをタイに戻しました。

大変貴重なホームランでした。

「打ったのはスライダーです。点を取られた後だったので、とにかく出塁することだけを考えて打席に入りました。コンパクトに打ちにいったのですが良い角度で上がってくれました」

頼もしい助っ人です。

規定打席迄あと少し。。。