神宮でのオープン戦本日開始 戦力になる選手の絞り込み、現状はどんぐりの背比べ状態

オープン戦も半ばに差し掛かり、ソフトバンクなど競争の激しいチームは絞り込みを始めています。

選手層の厚いところは、結果、内容の要求レベルが高いこともあってか結論が早い気がします。

ヤクルト。

今季は少し競争がでてきたとは言え、力が拮抗してると言うか。。。

長短があり、言い方を変えれば「どんぐりの背比べ」で中々はっきり出来ないところを感じます。

火、水曜日(3月9、10日)はソフトバンクはジャイアンツとオープン戦でした。

「あまり知られていないけど結構良い選手」が多くいた感じです。

ボーダーラインが高い感じを受けました。

何しろフルメンバーに近いジャイアンツと互角以上に戦いましたから・・強さを感じます。

ヤクルト、今少しレベルの高いところでの競争に行かないと中々道は険しいところです。

さて、今年最初の本拠地神宮でのオープン戦が始まります。

道は険しくても、一歩一歩進むしかありません。

幸い現在「怪我などコンディション不良による落後者」を出していません。

昨年、公式試合初日に中村捕手の離脱があり、紆余曲折の一年となりました。

今年こそ、全員が健康上の理由で落後することなく、それぞれの力を出し切って一年を戦ってほしいと思います。

たとえどんぐりであっても、負傷しなければ束になって走り抜けることもできるはずですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする