対巨人練習試合 山田・廣岡HR、内川タイムリー。 しかし、先発投手陣に不安が

2月23日 対ジャイアンツ練習試合

明暗ありの試合でしした。

青木、内川、坂口選手ベテラン勢はさすがに徐々に調子を上げてきている感じです。

開幕に向け問題なく行きそうな感じでした。

内川練習試合20210223

写真は内川聖一選手の、ヤクルト初安打タイムリーの場面です。

山田哲人選手

甘い球を逃さずホームラン。

山田練習試合20210223

インタビューで「調子は良くもなく悪くもなく」と言っていましたがそれで十分の感じです。

昨年は早くから飛ばし過ぎの感じもありましたので、普通でOKと思います。

ショート争いの廣岡大志選手

甘い球を逃さずしっかりホームランと、更に競争が熾烈化する内容でした。

甘い球は逃さないは重要ですから、きっちりアピールできました。

廣岡練習試合20210223

問題の投手陣です。

ローテーションを狙う、原、金久保、歳内、吉田投手が投げましたが、いずれもアピールには至らない内容でした。

この時期(立ち位置が当落上)の仕上がりとしては、物足りないものでした。

原樹理投手

やはり変化球の制球が悪く追い込んでも決めきれないようです。

ピンチでの打者への入りが甘いと課題が克服できていない内容でした。

金久保優斗投手

思ったところに投げることが出来ずやはりコントロールに不安が残り、ストライクボールがはっきりとする内容でした。

歳内宏明投手、吉田大喜投手安定感が出せませんでした。

この時期、当落線上の投手はかなり仕上がって結果をある程度残す段階です。

が、共に今一歩の感じで、高津監督も歯痒そう。

これからオープン戦などで機会はあるでしょうが結果が必要です。