ヤクルト 内川選手と契約へ 再生工場の面目躍如か

内川聖一選手解禁となるや、早くもソフトバンク退団の内川聖一選手と合意に達した様です。

以前から”うわさ”がありましたが、トライアウト期間が過ぎて解禁となり、うわさ通りの結果となりました。

右の上手い(好打者)選手が不足のヤクルト。

良い補強となりそうです。

実績が有るベテランですから年齢を加味してもそこそこの期待は持てます。

ソフトバンクを退団の経緯で、実績があるベテラン故のプライドからの扱い(処遇)や気持ちの部分での心配などが一部では懸念されています。

が、そこは「結果とチームへの溶け込み次第」であることはベテラン故に十分理解できていると思います。

吉凶は、ある意味結果次第ですから。

FAとは違い自由契約からの身であれば、新たな気持ちで溶け込み結果を残さなければ次が見えてこない。

環境を変えて一心となれば、ヤクルトとしては狙い通りとなります。

以前「再生工場」とも言われたヤクルト。

内川選手としては良い環境を選んだとも。

しかし、こうなると若手は奮起しないとね。

試練にに耐えてポジションを奪う強さを持って、挑んで欲しいと思います。

別の見方をしますと、内川選手の技術をそばで見ることができる「千載一遇のチャンス」が訪れたということです。

若手はどん欲に彼から吸収して、優れた打者に成長して欲しいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ヤクルトファン より:

    サンタナいらないよなー