8/30 ついに山田砲が火を噴く 「本来の当たり復活」の満塁ホームラン5打点 村上の首位打者復活も霞むほどの爆発を見た!

8月30日

ヤクルトスワローズ 6-4 横浜ベイスターズ

R H E
ヤクルト 1 4 0 0 0 0 1 0 0 6 12 0
横浜 0 0 1 0 0 0 1 0 2 4 11 0

小川泰弘投手最後の砦とも言うべき小川泰弘投手が安定度を示し、何とか連敗を脱出できました。

一安心ホッ

小川投手はシーズン前半を終わり7勝となりました。

エース小川投入。。。ここも崩れると、更なる連敗街道となるところでしたが、今年好調で唯一安定している小川投手が期待通りの投球で7回を2失点と試合を作った内容でした。

まあ当たり前ですが、先発がクオリティースタートをすれば、当然試合は有利に運び勝ちの確率は高くなります。

今年は、三振に固執せず投球数を上手く制限出来ている点が好調の一因で、この試合も7回で106球、四球1の内容でした。

数を投げれば失投もあり、球威、変化球の切れも落ちますから投球数をコントロールすることは重要です。

これが出来ると安定感が増してきます。

5回中盤で上位打線を迎えた重要なところ、先頭の梶谷選手に11球粘られましたが、粘り負けせず三振と押さえ、肝心な場面を抑えきったあたりにも今年の好調さが出ていました。

お待たせの山田哲人選手

4安打(1ホームラン)5打点と遂に爆発の感じです。

山田満塁ホームラン200830

山田満塁ホームランを含む4安打5打点と爆発 出典ヤクルト公式サイト

最初の2本は右への大きな当たりでしたが、後の2本は左への良い感じのライナーでのヒット。

いずれも山田選手本来の当たりですが、特に後の2本は復活を強く印象付ける当たりでした。

シーズン残り半分に間に合いましたね

山田選手の調子が戻れば、後は課題の5番と言う事になります。

後半の大きな課題と言って良いと思います。

山崎晃太朗選手ちょっと気になったのが、山崎晃太朗選手の守備。

9回の左中間への大きな当たりは足が有るので追いつくのですが、(無い人は追いつけない訳ですが)捕球が少し不安定でグラブに当ててもこぼしてしまいます。

この試合ではレフトが深追いし、レフトと交錯しかけた事も一因です。

しかし、ギリギリでの捕球(難しいのですが)でいわゆる「球際の弱さ」を感じました。

今年、同じようにグラブに当ててこぼす事が2-3回あったと思います。

一本調子で追っている為かもしれません。

村上宗隆選手この試合、山田選手のパワーに隠れてしまいましたが、村上宗隆選手もしっかり3安打。

打率を.341として首位打者になりました。

出塁率は.447で、これもまた1位です。

この試合も申告敬遠がありましたが、そんな中での首位打者は4番として威風堂々の貫禄。

山田選手のパワーが戻ったところで、青木・山田・村上ラインがフルに機能し、後半を良い形で乗り切れるように思えてきました。

さて、勝負の9月。

シーズン後半、まずは阪神。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年8月30

横浜DeNAベイスターズ  4-6     東京ヤクルトスワローズ 横浜スタジアム
読売ジャイアンツ    3-2  中日ドラゴンズ 東京ドーム
広島東洋カープ      3-5    阪神タイガース マツダスタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年8月30日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 59 35 21 3 .625 0.0
2 DeNA 62 31 28 3 .525 5.5
3 阪神 60 29 28 3 .509 1.0
4 中日 63 27 32 4 .458 3.0
5 広島 60 24 30 6 .444 0.5
6 ヤクルト 60 24 31 5 .436 0.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする