7/23 対横浜DeNA 大貫投手に手も足も出ず完敗! な~んも言えねぇ 

7月23日

ヤクルトスワローズ  0-6  横浜ベイスターズ

全く良いところない完敗でした。

大貫晋一投手大貫晋一投手に手も足も出ず完全にやられました。

111球を投げて、西浦直亨選手に打たれたヒット1本だけとは。

前回のDeNA戦でも、平良投手に完璧にやられました。

ある意味同系(軟投)とも言える大貫投手に、同じように完敗するあたり、このスタイルの投手が苦手とも感じます。

しいて言えば、チーム全体での攻略を徹底しないと「あれよあれよ」で終わってしまいます。

この試合では全体での徹底した攻略は見られなかった感じです。

山田選手と青木選手が休養で出ていなかったのも、士気に影響したのかも。。。

しかし、今年の長期目線では休養は絶対必要

二人が抜けて、せっかくチャンスをもらうのだから、控えの選手には美味しいはず。

使ってもらったら、結果を出してほしいと思います。

高橋奎二投手先発高橋奎二投手

序盤変化球が決まらず、苦し紛れでのストレートに頼る事になりました。

これを狙い打たれる事になってしまったとは皮肉です。

自信を持っている(生命線でもある)ストレートを、立て続けに完璧に打たれ動揺、バタバタで失点してしまいました

ストレートに切れも無かった感じですが、自信喪失とも見えました。

まあ 以降何とか変化球の制球を戻し5回は投げ切りました。

先発としての最小限の仕事はした感じです。

もっとも、自慢のストレートを連続して痛打された事は反省材料でしょうが・・・

寺島成輝投手2番手の寺島成輝投手

ホームラン2本で3失点と、試合を決められてしまいました。

打線が沈黙の状態で相手プレッシャーを受け止め切れず。。。でした。

しかし、ここを超えないと一段上の中継ぎには成れません

そのような中でのこの内容はまだまだの感じです。

特に、2発目の2ランは絶対に駄目です。。。あぁ

なんだかいいところの無い試合でした。

さて、いよいよ今夜から神宮球場に戻って、有観客での試合が始まります。

対戦相手は、絶好調1位の読売ジャイアンツ。

吉田大喜投手先発予定は、ルーキーの吉田大喜投手

1軍初登板の前回出場は1週間前の7月17日。

2回1/3でノックアウトされました。

打者16人で被安打9、被本塁打1と、散々な初登板でした。

リベンジなるか

高津監督の期待に応えられるのか。

たとえ打たれても、何か光るものを残せるのか。

ルーキー登板では、打線の援護が欠かせません。

昨日のように沈黙では、またまた5回を待たずに早々降板となる恐れが。。。

チーム一丸となって打ち勝ってくれ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする