7/19 対広島 高梨好投するも、最後の一本が出ず引き分け

7月19日

ヤクルトスワローズ  3-3  広島カープ

お互いにストレスが溜まる、最後の一本が出ない試合となりました。

高梨裕稔投手先発、高梨裕稔投手。

今年は横の変化(カットボール)を加えた事でこれまでの縦変化中心から幅を広げ、安定感がました。

この試合も好投しましたが、7回最後と意識し過ぎたのか6回までの投球と少し変わりボール先行を上手く突かれた感じです。

6回裏までは、堂林、鈴木選手とも封じ込め、素晴らしいピッチングだったのですが。。。

松山竜平選手7回裏、ついに好調の堂林、鈴木選手に好機を作られ、松山竜平選手技ありの一打で同点とされてしまいました。

フォークを読んで片手でのバットコントロールで、球を上手く測ったようにライト線へ。。。

ここまで上手く打たれては致し方なし。

高梨投手、この内容ならば多いに次回に期待!

攻撃面は、坂口、青木選手を休養でベンチスタートと今年の日程を考えての打線。

今年は2人を休ませても代役がそれなりにそこそこやれるのは強み。

もっとも、9回表。

坂口智隆選手坂口智隆選手、代打でしっかり切り込み隊長。

青木宣親選手青木宣親選手が、同じく代打出場。

お約束のタイムリーヒットで同点に追いつきました。

最後には「代打の切り札」としてしっかり同点に追いつく活躍をするあたりは、さすがに坂口、青木選手です。

惜しいのは7回の攻撃です。

山田哲人選手内野安打で出塁、山崎晃太朗選手がバントだったのですが。。。

バント失敗+牽制アウトとなってしまいました。

追加点好機を自らのミスで潰して流れを掴みそこね、相手に付け入る隙を与えた攻撃。

7回は相手も好打順に回るだけに突き放すところ。

結果はセオリー通りとなり逆転されました。

山崎選手のバントはいつもは上手くいくのですが、今回は失敗してしまいました。

得点できずともミスはチームの心理を「後悔で受け身」にするので、絶対にやってはいけない場面でした。

広島の勝の継投が不安定な為、同点にはしましたが 内容的には十分勝てる所でした。

9回表。

狙い球では無いところを、つい打ってキャッチャーゴロの併殺の村上選手。

ついバットを出してしまった結果で相当悔しそう。

かなり反省していた様子が画面から見て取れました。

まあこんな事もあるとして良い教訓を得たのではないかと。

彼は結構得た教訓は生かしています。

次回、必ずリベンジ!

次は、またまたジャイアンツに3タテのDeNA。

相変わらず好調のソト選手が要注意。

打ち直しでHRは余り見たことなく、確実にヒットを狙ってきますから。

1日休んで英気を養って、このDaNAとの3戦が終わればいよいよ神宮です。

ロード中の成績は、6勝3敗2分け。。。予想よりかなりいい感じ

しかし、ここにきて阪神が3位に浮上するとは。。。まだまだ波乱

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする