暗雲立ち込める試合展開に不安が募る 高橋、頼むから粘ってくれ

6月7日 練習試合 対巨人 3戦目

ヤクルトスワローズ  2-8  読売ジャイアンツ

試合になりませんでした。

始まってすぐ終わった感じの試合でした。

高橋奎二投手なんと言っても、先発 高橋奎二投手

全く試合を作れず昨年の悪いパターンそのままです。

好不調はあるにしても、悪ければ悪いなりに試合を作るのがローテーション投手。

調子が良い時よりも、今一の時にどう対応(粘る)かが問題です。

タイムリーの後、2発で大量失点ではね。

しかも序盤ではベンチも手の打ちようがなく、攻撃も打っていくだけとなり全くどうにも。。。

波が大きくとてもローテーションの軸にはなれないと思います。

ローテーションもどうかと。。。

ヤクルト若手投手は、どうも粘りが不足のタイプが目立ちます。

今年も昨年の課題は解消仕切れてないようです。

今年は、強行日程で6連戦続き。

投手陣の負担が大きいシーズンです。

奥川恭伸投手じっくり育てたい奥川投手ですが、救世主は彼しか見当たらないのか。。。あぁ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする